1,841m
蔵王山
2006年 8月25日(金)




2006年8月、どうにも暑い。
7月末に、穂高連峰を縦走してきた。がその後、暑さに負け、出不精に・・・・
しかし、雅的には、時間を浪費することが一番いけないことと思っている。
人生で一番貴重なのは時間で、その時間を有効活用することが重要で、そのことにより満足する。

今回のテーマは『いつかは、百名山』、『裏磐梯』につながる『夏休み観光』とする。

新潟から、中条、小国、南陽、上山と進み、蔵王エコーラインへ
さらに山形・宮城県境から、蔵王ハイライン(520円)で標高 1,750mへ・・・・
お釜見えました オヤマリンドウ と ミヤマアキノキリンソウ ヤマハハコ
ちょっと外れるとそこは『お花畑』
景色はすばらしいですが、人も・・・・
トラノオウ?



蔵王は、観光地です。お気楽トレにもなりません。
がしかし、そこは楽しみ方の問題です。自由な発想で楽しみましょう。

お釜をずっと眺めていました。
太陽の光の加減で、七色に変化します。
パッと見て帰るにはもったいないですよ・・・・・




コマクサ

蔵王エコーラインを宮城県側に下ったところに 『駒草平』 があった。
当然時期としては遅い。
正直、こんなところに群落?
大好きなコマクサがあるとは知らなかった。


夏休み観光は、『松島』、『浄土平』と続きましたが・・・・

松島は今一でした、曇りの天気もありましたが、真夏の暑さで・・・・



浄土平は、ガスの中
しかし、今後の下見になりました。




浄土平には、近いうちに来ます。



2006年一覧へ


真冬の蔵王