1,086M
焼峰山
2007年 5月 3日(木)


焼峰ノ頭より正面:四ツ倉山
『赤津山 〜 北俣岳 〜 御西岳、大日岳 〜 烏帽子山』


明日は、超ハードコースの予定が入っているため、今日は適度な山行きとしたい。
近場でなおかつ、ジャストタイミングは・・・・どこだ。
頭に浮かんだのは『焼峰山』







『ようこそ加治川渓谷へ』 左:焼峰山 渓流も美しい 滝谷の部落の奥が登山口です、9:23






杉林帯を抜けると、後ろに『五頭連峰』 ブナ巨木 目に青葉



ナガハシスミレ イワウチワ ショウジョウバカマ
ミヤマカタバミ スミレサイシン ウグイス平 10:30



『俎倉山』


新緑が美しい


新緑と春の花がたくさん咲いています、パチリパチリで時間がかかっています。
ウグイス平からは尾根を登ります。



ブナのトンネル 青空に生えるタムシバ タムシバのトンネル
・・・ ミヤマスミレ ガマスミかな?



内の倉ダム湖

急登が続きます、右に『俎倉山』『蒜場山』が見え、左の視界が開け、内の倉ダムが見えてきます。

修蔵峰 岩とガレ 蒜場山
通過注意
オオバキスミレ カタクリ 山頂手前

修蔵峰からは左へトラバースしますが、ここだけは急斜面でなおかつ雪で、ルートが不明です。
足跡を頼りに向かいました。


『蒜場山』
手前の『松ノ木尾根』は加治川治水ダムからの急登です


高知山、二王子岳

12:25 『焼峰山』 山頂着



『焼峰の頭』

『焼峰山』の先には『焼峰の頭(カッチ)』が見えています。
左右切れ落ちているところもありますが、眺めはいいしプチスリルでもあり、当然進みます。
12:39 『焼峰の頭』 1,097m  『焼峰山』へすぐ戻りました
左右注意 特性ラーメン所望 下山開始 13:29
へつり注意 ブナ巨木 15:14


『焼峰の頭(カッチ)』より


明日は、『飯豊西俣の峰〜頼母木山』へチャレンジです。
足慣らしのつもりでしたが、けっこう時間もかかりました。しかし春山を存分に楽しみました。

ありがとう




9月の焼峰山へ