1,093m 鷲ヶ巣山 Wasigasu 2014年5月4日(日)

『絶景』

春夏秋冬感動探訪を売りにしている輩としては、新緑は核心的なテーマです。
蓄積したトレッキング日記に、季節の移ろいを読み取り、行先は決定します。


目指す頂

ゴールデンウィークは新緑三昧に決めました。
何度か足を運んでいる山は、その年その年の季節の進み具合を読んで訪れる日を決めます。
もちろん青空を味方にします。

8:07 右林道へ ← 登山口 渡渉
エンレイソウ 8:46 一本松尾根 ナガハシスミレ



一本松尾根は登るにつれて、植生が変わっていき、ブナ林帯になると避難小屋(観測所)はまもなくです。
  トウゴクミツバツツジ
 
  9:42 無人雨量観測所跡?  



ブナ新緑

越後の山が美しいのは、豪雪が多様な植物を育むからです。
新緑、紅葉が美しいのは当たり前で、訪れるタイミングを計れるかにかかっています。

見上げる  
稜線に乗れば絶景の始まりです  
 
10:25 前ノ岳  


今日はドンピシャです。期待通りの絶景が広がっています。
左下に三面貯水池、正面には真っ白な朝日連峰、右前には中ノ岳、鷲ヶ巣山が聳え立っています。



標高825.3mの前ノ岳から標高950mの中ノ岳へ向かいますが、最低鞍部まで130m下ります。





残雪があります まだ下ります  
イワウチワ  




振返る  急登が続きます 振返る
 
11:44 中ノ岳  


『中ノ岳』 より 『前ノ岳』


『三面貯水湖』


四苦八苦で中ノ岳に到着。ここからの展望は素晴らしいです。
ここで至福の時としました。

 
さらに先のピークへ  




  中ノ岳950m、前ノ岳825m』
 
『中ノ岳』から一度下って、再び登ると『大日如来尊のある1,004m峰。

この先には残雪がありますが、行けるところまで行きます。





本日ここまで

鷲ヶ巣山へは、まだまだ下り、登り返しが続きます。




13:30 中ノ岳  
単独女性に抜かれる  
 
14:52 前ノ岳より最後の雄姿  
超スロー下山です  
 
16:25  


ありがとう、鷲ヶ巣山、また来るよ



   
晩春 晩秋   晩冬

2014年一覧へ


シロート雅の
トレッキング日記