裏巻機渓谷 URAMAKI 2014年11月2日(日)

錦秋

予報は雨の一日・・・・
とはいえ、なかなかメンバーが揃うことも少ない。とにかく現地まで向かい、そこで判断をすることにする。
高速道は魚沼に入ると小雨程度になったが霧で真っ白である。

 
  奇跡の回復  




9:28




なんと青空に  



紅葉は山を下り谷へ


『 割石沢 』

読んでその名のごとし。





  通過  
  遠望 「八海山」  
   
  『不治心得の岩』  






気持ちいい晩秋


渓谷の奥へ奥へ  




   



しばし、対岸に見惚れる

 
紅葉より黄葉ですが、独自性が高い(他にない)絶景です。
 

紅葉は想定通り、雨も想定していましたが、晴れ男全開です。

渓谷がますます進みます  
 
  素晴らしい紅葉です  




10:38  



素晴らしいの一言
大きな石がゴロゴロ    




左・・・危険  



不動滝






実は不動滝は帰りに寄る予定でしたが、下りてしまいました。
人(自分)の記憶はいいかげんですね・・・・間違ってしまいました。なので、荷物は置いていきます、戻って至福の時とします。
谷が深く切れてきました  
お目当ての滝  


夫婦滝





風鼻滝  
左は垂直に切れおちています  


絶景




滝多数
谷底  




ますます深い谷に・・・  
 
  まもなく  
     
 V字谷
さすがにもう進めません。
     




ポットホール

   

11:45
最終ゴールは、『取水口』です。
渓谷奥深くまで、水平歩道的につけられた道は、この奥も続きますが、
上級者のみ許される厳しいルートで、『牛ヶ岳』へ続きます。

 
余り有名ではない裏巻機渓谷ですが、これだけの絶景はそうそうありません。
 

ちょっと雲行きが怪しくなってきました。
ゆっくりしたいところですが、不動滝まで戻ります。





足元は水平で歩きやすいです 危険そうですが・・・ 普通に歩けます
 
記念写真をとって、戻ります。
   

実はここで電池切れ・・・
登山口にもどり至福の時としましたが、途中から雨になりました。

もともと今日は中止も想定された天気予報でしたが、快晴スタートで存分に堪能しました。

ありがとう、裏巻機渓谷、また来るよ。

平成14年一覧へ

 シロート雅の
トレッキング日記