海谷駒ヶ岳  1,487m Umidani Komagatake 2011年9月14日(水)

『日本海』

残暑の時期のドンピシャは難しい・・・・
季節の変わり目で、紅葉が始まるまででは、鬱蒼と茂った木々は勢いがなく、展望を楽しむにも、なかなかスッキリしない。


『案内板』

糸魚川ICを降り、海谷峡谷を目指します。

9:06 行ってきま〜す ← 海谷峡谷 l 駒ヶ岳 →
林道 ブナ帯 ロッジ(個人管理)
 
  9:25  

海谷三峡パークから林道を進み、ロッジまでは足慣らしです。
この先は、前人未到をは言いませんが、踏み入る人が少ない鬱蒼と茂った藪状態になります。
シシウドかな ? キツリフネ
これも? 卵? 実? 枯れ沢
ソバナ  




長〜い梯子登場  
ダイモンジソウ  


『見上げる』

『新潟県の山:山と渓谷社』では、歩行時間 3時間50分と書かれています。
ということは、登り2時間ちょっとと踏んでいましたが、ロープが多い急登が続き時間がかかっています。

10:16 大スラブ  


『ハイ、ポーズ』

糸魚川市  




ロープ多数 ムラサキシメジ




11:39 小休止   様子が変わり、広い尾根道に


山頂 12:12

登り 3時間6分、もう少し早く着くと思っていました。ロープの急登に時間を取られました。
山頂に着く前からガスが広がり視界なし。

 
  14:25  
下りは特に慎重に  



下りはずっと、ガスの中でした。
眼下にロッジ  
 
  15:10 下り2時間45分  

もう少し短時間の山と思っていましたが、けっこう時間がかかりました。
一か月後には素晴らしい紅葉を見せてくれるでしょう。


 

紅葉の時期に思いをはせて、本日は終了・・・

同行者に感謝いたします。

ありがとう、駒ヶ岳、また来るよ。


2011年一覧へ

シロート雅の
トレッキング日記