975.5m  戸倉山 Togura 2010年5月15日(土)

『神秘の池』


新緑は美しいです。
残雪のブナ林と山頂からの絶景を求めてやってきました。


『しろ池の森・原の館駐車場』
9:00

北陸自動車道 糸魚川ICを降り左折して、白馬・松本方面へ約8km進みます。
『根知谷入口』の信号を左折してしばらく進みます、途中『駒ヶ岳』登山口を左に見送り、さらに雨飾山荘との分岐を右へ進みます。
最後、『しろ池の森』の看板を右に入り道成りに山道を登ります。

最初は舗装道路を進みます マムシ草? 展望台 →、散策路しろ池 →

『しろ池』までは観光客誘致をしたい? いろいろ整備を続けているようです。
進入禁止ですが舗装道路は完成していますし、遊歩道も平行して道幅を広げています。



『スミレ』 『日本海』 『タチツボスミレ』

最初から道草ばかりしていて、一般的な時間の二倍以上はかかっています。
山の幸が目に入ってしまい、ついつい・・・・・



新緑街道 (幅広遊歩道) 9:55 『しろ池』 トナカイ?




緑青?瑠璃色?エメラルドグリーン?
こんな色になるのは、雪解けのこの時期だけだそうです。

『海谷山塊 : 駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳』、 『雨飾山』 『新緑?紅葉?』

寒くもなく暑くもなく、心地よい風も吹き、ゆったり、まったり・・・・
う〜ん、幸せ〜 ・・・

あれは・・・・(観光協会の方のよう) 『モデルになって』 を受けて・・・ 『記念写真』



そろそろ山登りに戻ります。







⇔ 塩の道 左中谷道横川、右松本街道大綱 古道の雰囲気 (ボッカ宿跡脇)
『日本海』

『しろ池』からは『塩の道』を進み、途中道しるべ(文久元年1861年建立)があり右に曲がります。
右手に日本海を見ながら九十九折りで登っていくとブナ帯に入ります。


『新緑街道』

『塩の道』には長い年月、人や牛馬が通ったため U字に掘り込まれたところがあります。
『ウトウ』と呼ぶそうです。

ブナ林の中を登りきると、山間の平地(窪地)のようになり池があります。
その脇には、休憩所があります。


『角間池』

戸倉山に来た目的はブナ林の新緑でしたし、それはそれで想定どおりの美しさでした。
あとは、山頂からの絶景ゲットですが・・・・・ 『角間池』にやってきてまたまたビックリ!、紅葉が進んでいる?


はるもみじ
『春紅葉』

新緑は、言葉の通り薄緑のグラデーションと思っていましたが・・・・違う?
そう言えば、東京駅のポスターで 『春紅葉』という言葉を見にしたことがあります。




⇔ 塩の道、 ↑ 戸倉山 ようやく山登り やや急登に
塩の道から直角に曲がり、ブナ林を登ります。




やっぱり青空と新緑は、相性バツグンですね、アクセントのオレンジ色も上品です。




残雪は森の中を清清しくしてくれ、休憩場所にちょうどいいです。
山頂への尾根に乗りました 尾根の大木 ん・・・
濃いピンクの『イワカガミ』 発見






真っ白な 『タムシバ』
春の花と新緑が同居しています。
(雪が消えると春の花が咲き、ついで芽吹きが始まるのが多いのですが・・・)



『雨飾山』




山頂へ向かう尾根は、標高が上がるに連れて、見晴らしも良くなっていきます。
真っ白な山並みが左に見えてきました。

視界が開け、わ〜い。絶景、絶景に記念写真


マンサク

ムラサキヤシオ ?
11:43 山頂到着

2時間43分かかりました、だいぶ道草しながらやってきたので・・・・
普通はゆっくりゆっくりで2時間でしょう、健脚者は1時間かからないかも・・・



『焼山』はまだ真っ白です。
いつか、焼山 〜 火打山 〜 妙高山 を縦走したい・・・・

『海谷山塊 : 駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳』、 『焼山、雨飾山』


なかなか計画だけで実現しないコースがあります。
それは海谷山塊の縦走です、まだ駒ヶ岳すら登っていないので、様子や決行のタイミングが決められません。
来月あたりのお天気の良い日にはドンピシャかなと眺めていて思いました。


『小蓮華山、雪倉岳、朝日岳、長栂山・・・』

朝日岳から親不知まで 『栂海新道』と呼ばれる、北アルプスから日本海までの縦走コースがあります。
こちらも眺めていていつか歩いてみたと思いました。

『明星山、黒姫山 〜 日本海』

糸魚川の小滝川にそびえる明星山。その険しい岩肌に自生する「糸魚川真柏」
厳しい自然が創り出した白骨化した幹と淡い緑の細かな葉性、盆栽愛好家の渇望の的となっています。
NHKの美の壺 『盆栽』を見たときに、『糸魚川の明星山』は記憶に残っていました。



14:05

寒くもなく暑くもなく心地よい風も吹き、絶景のなか2時間以上も 『至福の時』を過ごしました。







トトロのトンネルを通って
北アルプスにさよならを言って






ブナ林の中を 下りてくると・・・・ 色が違う・・・


『 覗色 (のぞきいろ)』

湖面の色は見る方向によって変わります。
それはより美しい色を増幅して表現しているようです。



池の周りにはブナ林があります、残雪のブナ林の中へ入ってみると・・・・
自然が物凄い勢いで発している生気のシャワーを感じました。


上を眺めると ↑




うまく表現できませんが、自分自身もこの素晴らしい空間の一部になって、そこに浸っている。
物凄く心地よく、ゆっくりな時が流れている・・・・

よく判りませんが、心が一杯になった気分になりました、胸が一杯とは違います。

『塩の道』を戻ります






春秋混合 ヤマエンゴサク
絵になる構図




しろ池の辺の新緑に釘付け・・・・・





休憩は大休止に

しろ池をあとに 雨飾山よ、登りにいくよ 帰路は舗装道路で
16:31 帰還


新緑探訪としては、NO1になったのではないでしょうか。
同行者も満足したようです。




戸倉山、ありがとう、また来るよ。



晩秋の戸倉山へ


2010年一覧へ