975.5m
戸倉山
2008年11月13日(木)

『白池 と 海谷山塊』


小春日和 (こはるびより)

長い冬の終わりに、初めて温かい日差しが差した春の1日 ・・・

違います、小春日和は晩秋から初冬のころの移動性高気圧がもたらす、穏やかで暖かい日のことです。



『しろ池の森・原の館駐車場』

北陸自動車道 糸魚川ICを降り左折して、白馬・松本方面へ約8km進みます。
『根知谷入口』の信号を左折してしばらく進みます、途中『駒ヶ岳』登山口を左に見送り、さらに道なりに進みます。

9:33
駐車場から一般車進入禁止の車道を歩きます、目の前の『駒ヶ岳』がいい感じです。

『戸倉山』へ向かって進みます 途中『しろ池』の看板を森に入りました 『蛙池』






東屋へ 池の脇に出ました 『しろ池』 10:10

駐車場から『しろ池』までは車道を進むと最短距離です。
途中にあった道標にも、しろ池の名があったので、ブナの森散策路に入ってしまいました。
ちょっと遠回りになりましたが、『蛙池』がありました。


『海谷山塊、雨飾山を写す白池』

しろ池のほとりには、りっぱな休憩所&トイレがあります。



『古道』

ここからは、『旧松本街道:塩の道』を進みます。







ちょっと登ると絶景 気持ちいい落葉 日本海が見えました






緩やかな登りが続きます 晩秋のブナ林は気分爽快です 塩の道は続きますが、→戸倉山です
『角間池』 10:38

『しろ池』から『角間池』の間は、『塩の道』を通ります。
途中、苔むした石標があり古道の分岐点になっています、右へ進みます。
若いブナ林に入ると、まもなく休憩所、さらに角間池となります。


『ブナの美林』








角間池を後に 登ります
あれはアルプス山? 最後の紅葉 『雪倉岳』のようです






あれは・・・明星山かな?違うかな・・・ 最後の登り


ここが、戸倉山 11:12


標高が1,000mにも満たない戸倉山ですが、360度のパノラマは見事です。
新潟県の最高峰『小蓮華山』、姫川の河口から『日本海』、『海谷山塊』から『雨飾山』が一望できます。


『小蓮華山 〜 雪倉岳 〜 朝日岳』


『 焼 山 冠 雪 』 『明星山』 の右奥は 『黒姫山』 かな




『海谷山塊、焼山、雨飾山』


今日会った登山者は、『塩の道』であったご夫婦と、山頂到着と同時に下りていった単独の男性だけです。
ほとんど貸切、独占登山です。


名残り惜しいですが戻ります。

小春日和で風もなく絶景パノラマ状態のなか、なんと山頂に2時間もいました。


13:14
新潟県境のアルプスにさよならです。

引き続き快晴です
再び、『しろ池』 『ボッカ宿跡』






『雨飾山』 晩秋満喫
あれは・・・ ドッグがいました
14:22


『戸倉山』はとっても、お得な山です。投下労力にたいするリターン効率は最高です。
普段は混雑しているようですが、今日は静かな穏やかな1日を満喫させていただきました。

ありがとう、また来るよ。


2008年一覧へ