2006年 9月21日(木)
龍王岳・立山三山
浄土山 〜 龍王岳 〜 雄山 〜 大汝山 〜 別山


剱岳


龍王岳、浄土山を後に、雄山を目指します。一ノ越へまず下ります。

チシマギキョウ 『龍王岳』と『浄土山』を振り返る イワツメクサ
裾を広げた『雄山』にガスが・・・ 一ノ越は十字路、黒部ダムは右 11:20 一ノ越山荘を振り返る
今日は快晴のままのはずが天候悪化






岩ガレになってきました けっこう急登に プチ紅葉
ついにガスの中に エネルギー切れぎみ 雄山神社着 12:21

昼食は、富山のマス寿司とした。日持ちの問題と高速SAで手軽に仕入られる。



雄山頂上

私は今、日本三霊山の頂上に立った。
一万尺厳頭の神庭に相対するものは神と私だけである。
心眼に見ゆるものは全て神の光、心耳に聞ゆるものは全て神の声。
神は私以外の何ものにも与えない大いなる使命を私に与えている。
私は神の子として私一人の尊い人生を力強く生きよう。
今、天地合掌の立山頂上に立って私は固く心に誓った。
(お札より)


『立山頂上雄山神社』


私一人の尊い人生を力強くいきるために『剱岳』へ向かう・・・
不思議とモチベーションが上がってきた。
(無心教だがお払い?をしてもらった、500円)

雄山頂上 (標高3003m) 頂上を下りる 大汝山へ向かう 13:05
縦走路はガスで見えない 大汝山頂下 記念撮影 13:23
一瞬ガスが切れた
(大汝山頂より望遠ズーム)
富士ノ折立はパス、案外時間がない・・・
剣沢はもっと近いと思っていた。先を急ぐ。
13:57
標高差二百数十メートル下ります(立山下山)
ガスで見えにくいのと、ガレ場はルートが
わかりにくく、ちょっと不安に・・・・
雷鳥平へ直接下る大走り(左)分岐
ルートは間違っていない・・・
14:14
右は内蔵沢カールです。
疲れてきています。
真砂岳へは行かず、左のトラバースへ
進み、少しでも時間短縮をはかる。
『別山』へは向かいます。
立山三山巡りですから・・・


真砂岳と別山との最低鞍部から、真砂沢
右の尾根上に、内蔵助山荘


別山への登り  14:54



別山山頂  2,874m
15:22

『浄土山』、『雄山』、『別山』
立山三山縦走終了、本日の宿、『剣沢小屋』へ向かいます。


剣沢分岐 15:46


剣沢上部で、初めて雷鳥4羽に遭遇しました。



16:38
剣沢小屋には、本日最後の到着者になってしまった。

今回は、いままでになくカメラ機材をいろいろ持ってきている。
三脚にレンズ、画像保存用ハードディスク・・・ザックが重い。

しかし、正直この段階ですでに足が痛い。
残念ながら、この状態では『剱岳』チャレンジは難しい。
剣沢小屋で、剱岳へのルートや危険箇所の説明を受けながら、悩んでしまった。

朝の状態で判断しよう・・・・



日没前、ガスが取れて剱岳が姿を現した。
その大きさと迫力に圧倒されながら、シャッターを切りまくった。
暫くすると、またガスの中に消えていった。



チャレンジ剱岳へ