3015M
立山初日
2004年 8月 11日(水)

室堂 〜 浄土山 〜 一ノ越 〜 雄山 〜 大汝山 〜 富士の折立 〜 真砂岳 〜 内蔵助山荘
7:30    10:26     11:46    13:48    14:32     15:24     15:46      16:14

薬師岳
五色が原 後方は 薬師岳  左へ 黒部五郎岳 〜 笠ケ岳


20時45分出発、北陸自動車道を平均ペースで進む、米山P、越中境Pで休憩する。立山ICから立山駅へ1時到着。
無料駐車場は車でいっぱい。空きを見つけ車中泊とする。お天気が良くなりますように・・・・・

6時の立山ケーブル始発に乗り込む 高原バスは約50分、標高差1500m 大日岳が見えてきた
後方に白山、雲が遠くにある 立山が前方に・・・ あれは、つ・・・剱 に違いない


7時30分、室堂ターミナル到着
さすが観光地、アルペンルートの中継地のため混雑している。
今見えている、立山三山(浄土山、雄山・大汝山・富士ノ折立、別山)を縦走する。
 室堂:標高2450m



今日は、時間は結構あるはずなので、室堂平で花たちとしばらく遊ぶ。

チングルマ ミヤマキンバイ ヨツバシオガマ




ミヤマリンドウ ウスユキソウ? イワオトギリ、シナノとの違いは葉が丸い

ターミナルのすぐ前から、お花畑が続きます。


雄山の右、一ノ越方向へ進む 右に曲がり『浄土山』を目指す ミヤマアキノキリンソウ、山頂下は急登のようだ




チングルマ が風にゆれている イワツメクサ ミヤマダイモンジソウ

振り返り室堂平を一望。  大日、奥大日岳、毛勝山、猫又山、剣岳、別山か・・・・

展望台からのパノラマに感動、やっぱりアルプスは違う。槍ケ岳を初めて自分の目で見た。
浄土山に登らない方は、必ず展望台に行ってください、雄山からとは違う展望が楽しめます。
浄土山に登る方は、展望台は行かなくてもいいです。もちろんお天気がいいことが条件ですが・・・・・



前は五色ケ原から薬師岳
左後ろ黒部五郎岳 〜 左後ろ笠ケ岳 〜 左前は赤牛岳 〜 左奥は穂高岳・槍ケ岳
すばらしい・・・・・
いつかあの山々を巡りたい。





アオノツガザクラ 浄土山への急登 ミヤマキンバイ




ウサギギク ヨツバシオガマ ハクサントリカブト?
イワギキョウ は上に向かって咲く クモマスミレ (タカネスミレ?) トウヤクリンドウ
タカネツメクサ
浄土山山頂 2831m 10:26着


槍、穂高をバックに イワギキョウ



龍王岳 2,872m
浄土山 〜 龍王岳 〜 一ノ越 の間は、高山植物の宝庫でした。このコース選択は大正解でした。



一ノ越への下りからみる、雄山はでかい、雄大。



雄山へは、岩ザレの急登、振り返ると龍王岳が主張している。
上から3つ目(下から1つ)のこぶ(頂)に人がいるではないか・・・・・(photo では見えません)
雄山へは、岩とザレ場の登りで結構急である。体調がおかしい、一ノ越で休憩するが頭が痛いままゆっくり登る。

一ノ越 2700m 11:46 探していた チシマギキョウ 雄山到着2991m 13:48
雄山神社へは、凄い数の人が向かっていた、御祓い目的で小中学生の団体もいた。ときどき太鼓の音がなる。


大汝山 3015m 14:32
剱岳、富士の折立、後立山連峰の絶景と、黒部ダム・湖が眼下に見える、1400mの標高差。

岩ザレの中を進む 富士の折立 2999m 15:24 真砂岳 2861m へ向かう
ミヤマコウゾリナ タカネヤハズハハコ 内蔵助山荘 2800m 16:14



針ノ木岳 山頂にあたる夕日、 左は スバリ岳 蓮華岳 

別山の後ろの剱岳、雲海をへだてて後立山連峰が一望できる。

 
富士の折立も内蔵助小屋からみると違った山に見える。



雲海に沈む夕日 18:57

本日の宿泊は30人、6畳で4人とゆったりでした。ただ、頭が痛い、どうやら高山病になってしまったらしい。
5時20分に食事が出たが、少ししか食べれなかった。その後は内蔵助小屋のすぐ裏から、
夕日のあたる山々を日没まで見ていた。充実と感動の一日目終了。




二日目へ進む




シロート雅の
トレッキング日記