1730M
頼母木山
2007年 5月4日(金)

『西俣ノ峰』 直下より飯豊


『飯豊西俣ノ峰〜頼母木山』は今シーズンの最大テーマです。
天候不十分で2回の延期のあと、3度目の正直を狙います。天気予報はまずまずのはず・・・・
新潟を午前3時出発、新発田で一人拾い、梅花皮荘駐車場で3人と合流。







梅花皮荘を出発 : 5:30 里は春 こいのぼり ≒ 日本



尾根は最初から急登です 難所は一人づつ ブナの生命力に感動



ダイグラ、梶川、丸森尾根

民宿『奥川入』を抜けてまっすぐ進みます。
右の尾根に取り付きますが、すでに藪で覆われており、通り過ぎてしまいました。
6時10分尾根に取り付き、すぐブナ、松の大木の間を高度を上げていきます。
まもなく左に複数の尾根が見えてきます。




巨木 (ミズナラかな) ダイグラ尾根 (真っ白) イワウチワ
右:枯松山かな 急登ですが新緑が心地よいです
タムシバ、後ろは『西俣ノ峰』 登ってきた尾根を振り返る ショウジョウバカマ






7:23 十文字池 巨木 青空が広がります






飯豊山荘方面 1m以上の穴です 飯豊全景が見えてきました


登り始めは『里の春』です。尾根に取り付き、『新緑』、『残雪』の世界に・・・
豪雪地帯の春山は登るにつれてダイナミックに変化します。


西俣ノ峰にて記念写真・・・・・ 8:29
だんべえさん撮影







頼母木山を目指します 歩きやすい夏道? 右にエブリ差岳が見え隠れします



だんべえさん ブナ大木多し 亀裂・・・
えぶり差岳が見え隠れ・・・ カタクリ街道 枯松峰まであと少し
3人とはここでお別れです



エブリ差岳はでかい、でかい

高度が上がり、飯豊主稜線の山々が見えてきました



次へ