2001年4月 8日(日)


なんと今日は、快晴である。気温も20度を超えそう。
雅にしては、本格的なトレッキング第一弾です。

 案内板。駐車場にあった。
蔵王コースで登り、虚空蔵コースで、下る予定で出発する。
例によって、ほぼ11時。掲示されていた時間でいけば、2時間で周回できる事なのだが・・・・・
実際はそれは無理だ・・・・・
 駐車場のすぐ先のすぐ脇に、なんと
ショウジョウバカマが群落していた。
弥彦、国上ではポツポツが、・・・・・
 登山道の入り口、草木も芽吹き始めた。
最初はキクザキイチリンソウが出迎えてくれた、たった一輪だけで、これより上では見つけられなかた。今日はこれだけかも・・・ 
 結構、登った。
 最初の休憩所。初めて視界が開けた。日本海がそこに見えた。
 雪道となった。気温は20度はあると思う。
 山頂は2mmくらいの積雪だった。
 虚空蔵ルートは雪道だが、尾根づたいいで気分がいい。雪道もこんなに楽しいなんて思わなっかった。
 う〜ん、こんなに見晴らしいがいいなんて、シロート雅には初めての感慨だ。
 登り始めから、鳥の鳴き声がいろいろしていたがようやく発見。シジュウカラと思う。
 雅は、日本野鳥の会の幽霊会員(会費だけ払っている)の為、正確には解らない。泣き声は数種類だが、アオジ以外は確認できなかった。  
 尾根を下る。なぜかとっても楽しい。
天候と気温と見晴らしがよく壮快である。
 白いイワウチワを発見。
 イワウチワも雅は、初めて。最近本でいろいろ見ているので耳年増なのだ。
 美しいと思うのは、雅だけではないと思う
  登山道の脇に生えている。
 イワウチワに見とれつつ下山。今日はこれで終わりかと、思いきや、駐車場の脇でなんと群落発見。白、水色、ピンク、紫とキクザキイチリンソウもいろいろあるのだと初めて解った。
  なんとその脇に、これは何だ。調べて見よう。
 これも、初めてです。

にて名前は発表します。
雅が知らないだけでみんな
知っているのでしょう。
本当に今日は楽しかった。