1,983.7M
平標山
2004年 4月17日(土)


平標山から仙ノ倉山 (中央最後方に谷川岳、左へ一ノ倉岳、茂倉岳。その左後方は至仏山?)

平標駐車場から別荘地を抜けて岩魚沢林道へ進む。Kさんはスキーを担いでいく。雪が少ない。緑の猫柳にしばしPHOTO。
林道途中から、冬道の沢へ進む。 山頂と平標山の家の手前の稜線を目指す。 トラバース気味の斜面は慎重に進む。
振り返ると絶景。左、平元新道の尾根。右、松手山からの稜線が続く。鉄塔の後方の苗場山が見えている。


景色に感動し、大量に撮影。 (空の青、笹の緑、雪の白にダケカンバ)
稜線に出ると、そこは大パノラマの世界。 左、大源太山の手前に平票山の家。 右のガスの後方に苗場山。


強風ですぐ上を雲が通過する。 山頂 11:50

上越(上総・越後)国境 平標山〜仙ノ倉〜万太郎山〜谷川岳〜一の倉岳〜茂倉岳

ガッチャン到着。ヒロタンがこな〜い。 ヒロタン、到着。 なんと3時間も山頂にいました。誰もいなくなった。

仙ノ倉山をバックにKさん スキーは速い、行ってしまった ようやく追いついた。(待っていてくれた)

 
苗場山を正面に見ながら、下ります。ガッチャンは降りるのが速い、うまい。








雪道がかえっておりやすい。2時間で降りてきました。 すばらしい景色とともに、たのしいひと時でした。ガッチャン、Kさん、ヒロタンに感謝します。


ポータル上越県境へ