1,432.2m 守門大岳  SUMON  2013年6月16日(日)

『守門大岳』

今日の予報は、曇りのち晴れとなれば、新緑&残雪を求めて山に入ります。
絶対はずれのない守門岳を選択しました。大岳、青雲岳、袴岳と足を延ばせる自由度が高い山です。
今日は袴岳まで行くつもりでいます・・・・

 
  8:33 保久礼駐車場  
ガス 一直線 ガス
 
ガス  
マンサク  
 
  10:52 大岳山頂  

早くも下山の方とすれ違います。すかさず大岳からの展望を伺うと・・・真っ白・・・
今日の天気は回復するはずとの信念?をもって登っています。


予想通り?大岳に着くとガスがとれ、守門岳が姿を現しました。
ここで、まったりがいつものパターンですが、見惚れる同行者を叱咤激励して先へ進みます。





 イワカガミ  
キクザキイチゲ 網張(鞍部)より  ニシキゴロモ




シラネアオイ コバイケイソウ ミヤマキスミレ
アカモノ(イワハゼ)   ゴゼンタチバナ




マイズルソウ  


大岳から青雲岳までの間には、『網張』と言われる鞍部があります。
ここは、植生がほんとうに豊かです。

ミツバオーレン 12:01 二口分岐 タムシバ
 ムシカリ(オオカメノキ)  
   12:28 青雲岳  

なんとか青雲岳に到着しました。おなかもすきましたので、ここで至福の時です。
袴岳は再びガスの中に隠れてしまいました。

ガスが取れたので空身で山頂へ ウラジロヨウラク  
  13:51 守門岳山頂  



最後までガスや雲とかかっていましたが、時々姿を現す景色はかえって印象深く感じます。


眼下の大原スキー場

山頂最後の登山者となってしまいましたが戻ります。
14:02

青雲岳へ戻ります カタクリ




網張へ下ります  
ヒメサユリ  
 
15:31 大岳に戻ってきました  
下ります   17:17

守門岳は新緑&残雪に加えて花も楽しませてくれました。

新緑前線を追っかけた越後の春も間もなく終了です。



ありがとう、守門岳、また来るよ


『完』


ポータル守門岳へ
 


シロート雅の
トレッキング日記