1421M
守門青雲岳
2006年 5月31日(水)

大岳分岐より『烏帽子山』、『硫黄沢』

先々週の『二王子岳』、先週の『粟ケ岳』で確信した
今年は雪が多かったので、新緑の時期だが残雪もある。
『白・緑・青の世界』
これは感動探訪に値する・・・・迷いなく『守門岳』二口コースを選択した。







ニシキゴロモ 9:12 ミヤマキスミレ


暫く九十九折りを登ります、『護人清水』からは、沢の雪の上を進みました・・・・・あれ・・・
冬道で赤布が木の上にぶら下がっていますが、大きな沢に突き当たり進めません。
地図を取り出してみると左の山原へ登っています。迷った挙句に、ブナ林を左後方へ進みました。
ほどなく夏道を発見しました。5万分の1の地図でも概略は分かるものです。持ってきてよかった。

ブナ林のなかは、気持ちがいいです。

ブナ林を過ぎ、沢沿いを進みました。
イワカガミ、イワウチワが盛りでした。この辺から、撮影をしながらの道行きです。
今日は、くもりの予報だが明日以降は晴れなので、回復を期待していた。

  


  
一般的な色=うすいピンク 濃いピンクのイワカガミ 山イワカガミだろうか、白い。



イワウチワ


感動

新緑の中を進みます 右は、オカバミ沢 お気に入りの『残雪のブナ林』



10:13 谷内平





二口コースの見所は、この尾根に出てからでしょう。
保久礼コースとは違う景観に、今日は大正解・・・・あとはこのまま晴れていけば・・・・満点

尾根に出ました 後方から青空が・・・ ふふふ・・・晴れ男、晴れ男



瑞々しい ムラサキヤシオ 好きな景観です



すごいね(根) これも好きな景観



11:14 尾根道から長い登りになりました



夏道の右の残雪帯を進みます。歩きにくくなかなか進みません。
途中からアイゼンを付けました。
嫌な雲がやって来る 山頂が遠い・・・ 大岳分岐 12:28






夏道には、カタクリが咲き乱れていた


晴れていれば最高の絶景のはずが・・・・
でもけっこう気にいりました、山肌の緑と雪の白がなんとも良いです


12:45 え・・・まだ8合目



青雲岳までは行こうと最後の夏道の登りを進んだ
抜けるとそこは・・・・・・

13:02 青雲岳山頂

袴岳が呼んでいる しかしパス 晴れにはならず

雨がポツポツと・・・・急いでラーメンをつくり、ビールで乾杯

青雲岳山頂より『大岳』、『中津又岳』




ガス沸き立つ

13:45 山頂を後にする ガスで迷い 雪渓を下るがおかしい夏道がない
わずかだが、もう一度登り返し、よっやく発見。


大岳がガス発生装置?

夏道と冬道を行ったりきたり
ツバメオモト発見



ショウジョウバカマ 14:53 タムシバ
谷内平 15:28 男女二人に追い越される
16:09 下山

残雪と新緑をねらっての守門岳でしたが、春の花もまだ楽しめた。
さすが守門岳の植生は豊ですし、ブナ林もすばらしいです。
いつも、お気楽の保久礼コースでしたが、守門二口コースは、良かったです。
時間がかかることで敬遠していましたが、お気に入りのコースに設定します。

秋にまた来ます。


ありがとう 大好きな 『守門岳』

ポータル『守門岳』へ  2006年一覧へ