白峰三山
北岳
2008年7月31日(木)

『北岳バットレス』


前日午後3時過ぎに自宅を出発。
北陸自動車道で『柿崎IC』下車、柿崎新井線でショートカットし、県境を越えます。
上信越自動道『信濃町』から再び乗り、長野自動車道、中央自動車道、中部横断道の『白根IC』で下ります。
約40分で『芦安の無料駐車場』に午前1時前に到着しました。


芦安 5:10 出発


南アルプス林道は一般車侵入禁止です。
路線バス(1,100円)か乗合タクシー(1,200円)で、芦安から広河原に入ります。

広河原 6:04 北沢峠方面を少し進み 吊橋を渡り右へ
広河原山荘 6:33

広河原には、登山者が一杯いました。
北沢峠行きのバスは乗り換えになります。また、奈良田行きもここからです。
バスの乗り継ぎには注意が必要です。本数も少ないですし、運営バス会社が3社?で連携不十分です。
利用者中心にはなっていないと思います。自治体とバス・タクシーなど利害調整が不十分です。

シモツケソウ & ヤマホタルブクロ 御池(右)分岐 6:52  水量豊富な大樺沢
崩壊地を避けて パイプ橋を渡り左岸へ 木橋も数箇所あり






クガイソウ 再びパイプ橋で右岸へ 樹林帯を抜けると
北岳が見えました






後ろの右奥は鳳凰山かな・・・・ タカネグンナイフウロ シナノオトギリ



『雪渓』



『二俣』 8:53


ここまでは順調にきています。
青空も広がり、北岳山頂からの絶景に期待が持てます。
花の種類も多くなってきています。ドンピシャを狙っての南アルプス遠征ですから・・・・

雪渓では、落石が起きていて危険とのことで、右俣コースを進みます。







右俣コースへ進みます イブキトラノオ ぞくぞく登山者






ミヤママンネングサ ハクサンフウロ ミヤマナデシコ



マルバダケブキ 団体さんをパスしました ミヤマコゴメグサ
ミヤマキンポウゲ まだまだ山頂は青空です・・・ ミヤマコウゾリナ






お休み所 9:52 先行する団体さん 見上げる


キンポウゲ & キンバイ畑





シナノキンバイ お花畑を抜けて行きます ウサギギク






モミジカラマツ ヨツバシオガマ キバナノコマノツメ
御池コースと合流 10:42
タカネヤハズハハコ イワオウギ シナノキンバイ
タカネグンナイフウロ まもなく稜線に・・・



小太郎尾根分岐 11:00

仙丈ヶ岳 〜 鋸山・甲斐駒ヶ岳(雲の中)

南アルプス北岳の稜線に出ました。
正面に仙丈ヶ岳が『どど〜ん』です。甲斐駒ヶ岳は急に沸いてきた雲の中で、ちょっと残念です。


大好きな、タカネツメクサ
タカネヤハズハハコ ミヤマダイコンソウ オンタデ
突然登山道に、ライチョウ 肩の小屋 15分
子連れ(2羽)でした


稜線に飛び出すと景色も一変しますが、花たちも変わります。
ライチョウにはビックリしました、確かにガスが出始めて天候悪化のようですが・・・・

ミヤマシオガメ 山頂はついに、ガスの中に・・・ オヤマノエンドウ






チシマギキョウ ヨツバシオガマ イワギキョウ
『北岳の肩』 標高3,000m 11:44
イワオウギ イワベンケイ ミヤマダイコンソウ






両俣小屋分岐 ミヤマオダマキ 下山者


チングルマではありません →→ チョウノスケソウ でした


肩の小屋を過ぎて、腹が減って動けない・・・(大げさ)
ガスが広がってきているので、急ぎたいのですが、山頂まで持ちません・・・・昼食タイム

その後も、あまりに美しい花々に、パチリパチリで進みません。
いろいろ オンタデ クモマナズナ
北岳山頂 13:02



イブキジャコウソウ


バットレス上部

山頂でちょっと待ちましたが、ガスが切れることはありませんでした。
逆に、雨&雷が心配になり、北岳山荘へ急ぎました。







ミヤママンネンクサ ミヤマクワガタ ヤツガタケタンポポ
タカネシオガマ ガス拡大






イワベンケイ 急降下します チングルマ
ミヤマオダマキ
ミヤマムラサキ 八本歯コルへの分岐 13:49 クモマグサ






タカネツメクサ タケネシオガマ シコタンソウ
イワベンケイ
分岐 14:09
イブキトラノオ ガスでルートが分かりにくいです・・・ チシマギキョウ
タカネキンポウゲ ?






チシマギキョウ アオノツガザクラ イブキジャコウソウ



ミヤマアキノキリンソウ 見えました ヨツバシオガマ
北岳山荘 14:32


北岳山頂は、ガスで見晴らしはありませんでした。
しかし、高山植物の楽園?のような北岳に大満足です。



二日目へ


南アルプスネット

2008年一覧へ