2,036m
志賀山
2008年10月20日(月)

『四十八池と志賀山』


『志賀山』は志賀高原にある。
そんなのは当たり前と言われればそうですが、不思議です。
何故かといえば、志賀高原にはたくさんの山があります。最高峰は『岩菅山』で標高は2,300m近くある。
なぜ、志賀の名が冠されたのだろうか・・・


『笠ヶ岳』

中野市から、志賀高原に向かいます。
草津、万座へ向かう国道292号線を進み、『熊の湯』近くの硯川バス停前が登山口になります。
サマーリフトは朝から動いていましたが、登山が目的ですから広〜い登山道を登りました。

登山口 8:54 ダケカンバ 振り返ると『笠ヶ岳』と国道
左に周りこむとリフト終点に出ます 『前山湿原』 『渋池』 9:21 『横手山』




『浮島』

今日のコースは湿原地帯を歩く志賀高原の定番コースです。
渋池 〜 四十八池 〜 大沼池を廻るコースです、途中の志賀山に登ることもできます。

紅葉ナナカマド 『志賀山』 と 『四十八池』分岐 9:38 志賀山かな?






分岐 四十八池前の東屋 9:57



『木道続く』


四十八池は、志賀山(前方) と 鉢山(後方)の間に挟まれた標高1,880mにある湿原で大小60あまりの池が点在しています。
小休憩後、木道を通り志賀山に向かいます。

左の志賀山へ、右は大沼池 鳥居を潜ります






山頂かな 大石まじる登山道 四十八池
スライド 裏志賀山へ まもなく、おお・・・見晴らし良好



『大沼池』

登山道途中の分岐から、数十メートル?で見晴らし台です。
間違ってもスルーしないようにしましょう。


奥社 裏志賀山の最奥(行き止まり)から 『岩菅山』かな



志賀山へ、一度下ります 右手に 『黒姫池』 鞍部 『鬼の相撲場』 だそうです。
奥志賀方面 裏志賀山を振り返る 山頂三角点 11:25
方位盤

山頂は狭いので、もう少し進むと方位晩があり、見晴らしも多少確保してあります。
ここで、まったり昼食タイムとしました。

戻ります 『お釜池』 振り返る
笹原を進みます 往路の分岐に合流
リフト 13:43

ゆうくり廻って、5時間弱でした。
さすがに標高が高い分、紅葉は終了していました。

ありがとう、志賀山、また来るよ


『裏志賀山山頂から、大沼池、赤石山』



『帰り道に』




 2008年一覧へ