2,228M
至仏山
2006年 7月 6日(木)


尾瀬ヶ原


今日は、 『チーム雪まろげ』 に二人の新人が参加する。
まったくの初山になる 『 希 』 (のぞみ) と 久しぶりの山登りという 『 ささ 』 の二人である。
最初で最後にならないように、ドンピシャ、絶景を企画した。

前日の夜まで、梅雨本番状態が続いていた。これではマズイ。
皆のモチベーションが下がらないように、メールの発信サイクルをあげた。

二日前
至仏山は予定通り
みんな、予定通りに7月6日(木)5時に集合です。お天気が心配ですが決行いたします。
雨具は必ず、折りたたみの傘があれば持参ください。昼食は雅が準備します。朝飯は高速のSAでもいいですし、各自持参してもいいです。
帰りには温泉によりますので、着替えとタオルがあるといいですね。豪雨の場合はその場で行き先を変更いたしますので、かならず集合はしてください。  雅


前日
明日は予定通り
メンバー各位今、雨が降っていますが、明日の予報は曇りです。予定どおり、5時に集合でお願いします。
もし雨が降っていたら、裏磐梯の雄国沼に変更するかもしれません、今ニッコウキスゲが満開です。特に危険なところもなく昼は屋根付のりっぱな休憩所もあります。ご心配なく。
くもりから小雨なら尾瀬へ行きます。その場の状況で至仏山ではなく尾瀬ヶ原に変更します。   では明日


予定どおり5時全員集合、お天気は曇りまで回復していた。
予定通り至仏山へ向かうことにした。途中湯沢あたりでは青空が広がってきた。

 

戸倉から、9人乗りバスで 8:14 登山口 8:41
入山者数カウント機 ユキザサ 大木を見上げる『姫』、山菜を探す『公』






ウワミズザクラ ギンリョウソウ 9:08 鳩待峠 1.0K 、至仏山 3.5K






登山道の侵食が進んでいます 巨木いろいろ スダヤクシュ

登山道は緩やかだ。初参加の二人の様子を見ながら、最後方で例によってパチリパチリで追う。
いつも飛ばす『姫』も、今日は自重しているようだ。
いままでの『紅一点、お姫様』状態から、紅三点?となり、協調性がでた?


ダケカンバ

見晴らしのいいところに出ました・・・・しかし雲がかかっています
この段階では、信じていました。シナリオどおり山頂では快晴になり、360度の絶景パノラマが・・・・








ミヤマスミレ
9:41 鳩待峠 2.0K 、至仏山 2.5K オオバキスミレ






ミヤマキンポウゲ ミツバオーレン 木道階段は滑りやすい・・・・・

さすがに至仏山は、花の百名山です。いろいろな花が次から次と・・・・
しかし今年の豪雪はここでも、影響を及ぼしています。


尾瀬ヶ原の向こうは、正面:『会津駒ケ岳』、右ガスの中は『燧ケ岳』、百名山ニ山。

この段階では、『山の鼻』をまだ想定していました。

キバナノイカリソウ 『希』 『ささ』 『姫』 『公』 シナノキンバイ?
ゴゼンタチバナ 沢に雪 ツマトリソウ






イワカガミ 登山道が川のように・・・ イワナシ
ミヤマカタバミ ガスが・・・・いやな予感



雪渓で記念写真

本来、尾瀬ヶ原の見晴らしがすばらしいはず・・・・・
しかしこの景観もなかなか良かった。皆も 『非日常』、『冬山』などイメージが広がった?

慎重に慎重に・・・ ハクサンコザクラ発見 なかなか着きません
チングルマ発見 滑ります ハクサンイチゲ






ハクサンコザクラ チングルマ、ハクサンイチゲの中に・・・・


オゼソウ



お花畑は、5分咲きといったところでしょうか。
それでもさすが、花の百名山 『至仏山』です。

キバナノコマノツメ ホソバヒナウスユキソウ
小至仏山 11:13

ここで、昼食をとる選択肢もあったが、それではここで終わってしまう。
小休止にとどめ、先を急いだ。山の鼻へ下り周遊も考えていたが、この段階でそれは断念した。


下山者とすれ違いが多くなりました
みなさん、昨日『山の鼻』に泊まったようです。
けっこうな、先輩達が多い、でもみなさん元気です。



『山頂、ま〜だ?』 『もう少し、もう少し』

このあたりから、雅は先頭に立って飛ばしました。
皆も、お昼の時間を過ぎて、モチベーションが下がってはいけない。



もう少し、あそこが山頂・・・・などと元気づけました。試練を与える雅。

小至仏山からは、ガスの中になってしまいました。が
ホソバヒナウスユキソウ、タカネシオガマ、キバナノコマノツメ が、
あちこちに、咲いていて雅はあっちでパチリ、こっちでパチリ・・・・・







唯一発見 ヨツバシオガマ
『姫』 お気に入りの花 名前は? タカネシオガマ
シナリオでは、山頂で快晴のはず・・・・
12:06 満面の笑顔(良かった) 昼食タイム


昼食は、雅特性のラーメンです。
姫と雅は、気付け薬をけっこういただきました。



今日のシナリオ(想定)はこうだった


13:35 山頂を後にする
ハクサンコザクラが蛇紋岩の間から。 ウラジロヨウラク






ハクサンチドリ、これも唯一でした
尾瀬ヶ原方面を見つめる
16:02

最後は温泉、沼田 I C に近い、道の駅白沢にある『望郷の湯』。
ここは、見晴らしがいい露天風呂が最高です。お湯もぬるめですがグッドです。
施設もゆったりで、550円はリーズナブルでした。

『公』を沼田駅に下ろし、帰路に着きました。

お天気は残念ながら、回復しなかった。
しかし、『希』、『ささ』と二人の新人参加のなか、満足いくトレとなった。


ただただ、自然を楽しむ、感動探訪を目指して・・・・・
次なる企画を立てま〜す。


『チーム雪まろげ、あらたなスタート』



2006年一覧へ

トップへ戻る