3,033m
仙丈ヶ岳
2008年 8月 4日(月)5日(火)

『いざ仙丈へ』


昨日は、ゆったりペースで仙丈小屋まで上がってきましたが、天候はだんだん悪化。
小屋に着く前からポツポツ降り、その後は暴風雨にもなりました。

よって小屋では、ワインもあり楽しんでしまいした。


二日目 6:33

当然、山小屋では朝3時過ぎくらいから、必ず出て行く登山者がいます。

雅の選択肢は、
@星が出ているもしくは回復傾向ならば、4時過ぎに出発、
Aガス&小雨は、遅立ちを選択します。







チングルマ ヨツバシオガマ チシマギキョウ
タカネツメクサ ガスです






コケモモ トウヤクリンドウ ヒメコゴメグサ
ガス薄れ陽差す



アオノツガザクラ チシマギキョウ ミヤママンネングサ
眼下に千丈小屋、前方に鋸岳〜甲斐駒 イワヒバリ まもなく山頂



7:21

アルプスでは、日の出と共に気象変化が始まります。
気温が上がり大気が移動します、快晴よりもガスがあったほうが感動的な光景に出会えることも・・・

特に槍ヶ岳で見た滝雲や、剣岳で見たブロッケン現象は忘れられません。



『ブロッケン現象』


山頂を前にして、ガスが切れ始めました。
太陽の角度、方向とガスの位置を見ると出そうです、ブロッケンが・・・・

『ブロッケンが出ましたよ、ブロッケンが出てますよ〜』

周りの人に感謝されました。

気がついたことがあります。
どうもブロッケンは、見ている本人にしか見えないようです?
学生達は、いろいろなポーズをとりながら『俺の影だけ出てる』と言っています。
そういわれると、学生のブロッケンを撮ろうとしているのに、見えているのはどうも、自分の影だけのようです。




ブロッケン現象も 1〜2分で終わり、ガスがとれ青空が広がりました。


親子 大仙丈ヶ岳 北岳、間ノ岳が一瞬見えました



山頂を後に 7:50






小仙丈ヶ岳へ向かいます イワオウギ 登山者
タカネツメクサ ムカゴトラノオ チングルマ



山頂を振り返る





今日も天候が不安定で、ガスが広がってきました。
しかし仙丈ヶ岳は花の山ですし、シーズンはドンピシャで、充分楽しんでいます。

ミヤマアキノキリンソウ
8:52



ガス&雲が切れて、鋸岳 トウヤクリンドウ
タカネヒゴタイ






五合目 『大滝の頭』 9:44
マルバダケブキ 四合目 セリバシオガマ



団体さん ニカワホウキタケ












下りてきました コバノイチヤクソウ 北沢峠 10:56


北沢峠から広河原行きのバスは、1日4本で次は12時55分です。
昼食を北沢峠でとるのには充分の時間です。


11:00 臨時バス


しかし、待合所には多くの人がいます。
バスが広河原から到着したので、確認したら臨時バスを出します・・・・

昨日の夜、集中豪雨があったそうです。
広河原から芦安の林道は閉鎖されているそうです。


結果的に昼前に林道が開き、芦安から乗り合いタクシーが数台、広河原に来ました。
うまく乗り込むことが出来、芦安まで戻りましたが、着くころには、再び物凄い雨が降ってきました。


それにしても、2008年の夏は、いつどこで集中豪雨が起こるかわからない夏でした。


ありがとう、仙丈ヶ岳






前編に戻る


南アルプスネット   2008年一覧へ