信州中野  SAKURA 2010年4月25日

『枝垂れる』




信州高山五大桜』を巡り、帰りがてら発見した『宇木の古代桜』、いづれも、素晴らしい桜でした。
大満足のなか『千歳桜』を後にそのまま道成りに北へ向かい、間もなく突き当たりになり左折し、道を下ります。
すでに山ノ内町から、中野町に入っています。



道に覆いかぶさるように桜が咲いています。
『山之内町の古代桜』ではありませんのでパンフレットには載っていません。
あまりの美しさに、停車してパチリパチリ・・・

『村社深澤神社』 奉納・・・

長野の桜は凄い・・・・
この桜も神社の境内に植えられ、長い年月、信仰とともに守られてきた桜なのだろう。




出合った桜たちの余韻に浸りながら車を走らせていると、物凄い数の桜が満開です。
車が駐車場から溢れ渋滞していました、『谷厳寺(コクゴンジ)千本桜まつり』の看板を見つけました。

しかしパス。今日はもう満腹です・・・

まもなく『高社山』の裾に満開の桜の中に山門が見えました。妙にこころ引かれ、向かいました。


『心引かれ、導かれる』


まもなく山門がありました さらに山道は続き、古い石仏もありました
城壁のような石垣 お寺がありました



『梵鐘』

満開の桜の中に佇む古寺

お堂の扉には鍵がかかっていません、人の気配はしないのをいいことに中を覗くと・・・
きれいな畳の本堂に、妙に澄んだ空気が流れており、立派な枝垂れ桜の写真が柱に掛かっていました。
さすがに、中にまで入るのは気が引け、合掌をして扉を閉めました。
あの枝垂れ桜はどどこにあるのか・・・・境内を探しました。

ふと、気づくと梵鐘の下に、少年のように小柄でやさしそうなおじいちゃんがすわっています。

『むかしは賑やかだった、この時期には村総出で桜祭りをやっててな、今はもう自分しかいなくなって・・・』
『え、どれくらい前のことですが?』と訪ねると、『自分がまだ子供だったころだ』

年のころは、80歳近いと思われるので、昭和の始めのこと?・・・・

『お堂のなかの写真に写っていた、りっぱな枝垂れ桜は何処にあるのですか?』
『ああ、りっぱな枝垂桜だったな・・・、それだ』


『不死の桜』


巨木が梵鐘と反対側の階段の脇に倒れています。
しかし幹の途中から細い枝がたくさん出ていて、満開の花を咲かせていました。



巨木は幹が空洞で根元から折れています。
しかし土の中に残った株からも細い枝が出ています。




気が付くと、おじちゃんはお堂の後ろへ行ってしまいました。



戻りがてら、思いました。
なにか不思議な時間を過ごした・・・・あのお爺ちゃんは誰だったのか?


山門の上にはシャチホコ?





荒れているようで、なにかりっぱな山門と本堂。
咲き誇る桜に反して、誰もいない・・・先ほどの谷厳寺の千本桜からは目と鼻の先なのに・・・

次に訪れてみると何もなかったりするのか・・・・夢だったのか・・・・


家に戻りネットで調べましたが、ほとんど情報が出てきません。
YAHOO地図でやっと探すと、『谷厳寺』の北2Kmくらいにある『観音寺』でした。


2010年は、いろいろな感傷と感動を覚えた桜巡りでした。
それぞれの桜たちには、守られるべき使命があり、生き残ってきた訳がある。
また、その裏にある人々の思いを感ずることもでき、新たな感動探訪ができたと思う。

ありがとう、今年の桜たち

また来るよ


2010年の桜巡り
『糸魚川枝垂れ桜』 『高山村五大桜』 『宇木の古代桜』


ポータル『さくら』へ

 シロート雅の
トレッキング日記