宇木の古代桜  SAKURA 2010年4月25日

『千歳桜』

信州高山村の五大桜を見てきました。まだ咲いてないものもありましたが、
『福島の三春町』『山形の置賜桜回廊』とはまた違った里山の桜は見ごたえ充分でした。
帰る途中に『大人の桜旅:ニューズ出版』に載っている、『宇木のエドヒガン』によってみることにしました。

国道403号で山ノ内町へ入り、長野電鉄の踏み切りを渡ると、左矢印で『古代桜』の案内板がありました。
行きたいところは『宇木のエドヒガン』ですが、同じ方向です。
暫く進むと、りっぱな案内看板に古代桜の案内と、パンフレットが置いてありました。


宇木の古代桜マップ

どうせ、流行の村起こしで大したことはない・・・・
とんでもありません案内看板の直ぐ右上へ上がると、凄いシダレザクラが満開です。


『隆谷寺のシダレザクラ』

エドヒガン系枝垂れ桜の原種
樹齢 推定400年、目通周囲 約3,9m、樹高 約11m、樹冠 南北12m、東西11m


『北信五岳を望む』

三柱神社
枝垂れ桜の北側の境内には、寺の鎮守(天神さん、金毘羅さん、稲荷さん)が祭られています。
明治初期の廃仏稀釈を免れた寺として、きわめて珍しい歴史的事例を今も伝えている。
(境内には長椅子にお茶が置いてあり、一緒に説明用の紙があった)
いきなりの巨木の迫力に圧倒されて、全部見なくては・・・・




『宇木区民会館前の桜』

樹齢 推定350年、目通周囲 約5,7m、樹高 約11m
樹冠 南北15,5m、東西15,7m


『お墓の守り桜』

凄い幹をしています。
根元近くは幅2m近くあり、力強く膨れ上がったゴジラの足のごとく、強靭な踏ん張りを感じます。


『お地蔵さん』

この桜も先祖代々大切に墓とともに守られてきたのでしょう。
今なお衰えをまったく見せていません。
合掌
次、次



『大久保の桜』



素晴らしいロケーションに立っています。
『善光寺平』を見下ろし、彼方には北アルプス、前方には妙高山を始めとする北信五岳が聳えます。
初めてです、ここに眠る方達は幸せだと本当に思った。代々大切に守られ、故郷の素晴らしい景色に囲まれ眠っている。





『大日庵の源平しだれ桜』

樹齢 推定300年、目通周囲 約3,5m、樹高 約11,5m



このエドヒガンザクラはかってこの地にあった大日庵と言う寺に植栽されたもので、
紅白2本あったことから「源平のしだれ桜」と呼ばれていた。紅花(平家)の桜は枯し死、現在は白桜(源氏)のみが残っている。

個性的な枝ぶりが名に気にいりました。




『宇木の千歳桜』


「宇木の千歳桜」と呼ばれ、樹齢約850年を数えるエドヒガンザクラ、
長野県でも1,2位を争う樹齢で、長野県の天然記念物にも指定されている。


樹高12m、根回り10m、枝張り東西22m、南北17mという巨木。


いや〜、偶然発見した、『宇木の古代桜』は凄かったです。


この後、帰路につきましたが・・・・

さらに道すがら発見した桜からは、大きな余韻と感傷を受けることとなりました。



不死の桜へ


ポータル『さくら』へ

 シロート雅の
トレッキング日記