新潟
さくら
2008年 4月12日

『見惚れる大木:風巻神社の神代桜』

2008年の桜巡りは越後です。

福島、山形と樹齢 1,000年を越える一本桜を2006、2007年と訪ね廻った。
探してみるとけっこうあるもんです。今年もと思っていたのですが、仕事が忙しく時間がない・・・
地元『新潟』にも桜はあるはずだ・・・・

『大山桜』

上越へ向かって高速を走っていて米山PAに入ったら、桜が満開だ。
思わずこんなところで・・・・・


『枝垂れ桜』

上越市百間町(旧頚城村)で偶然見つけた桜です。新潟県には枝垂れ桜の大木は少ないです。
夜桜用のライトが設置してありました






『百間町さくらまつり』  『栄恩寺』 樹齢400年


『風巻神社の神代桜』

H19年上越市指定天然記念物』 エドヒガン 別名 タチヒガン、ウバヒガン、アズマヒガン
村内では、『薄墨桜』 『里桜』と呼ばれている。

三分から五分咲きくらいですが、なかなか迫力があり気にいりました。







畑の向こうにあります 看板 この桜を避けて植林されています


林道脇のエドヒガン

風巻神社は、上越市三和区岡田にあります。
柿崎ICを降り柿崎新井線を進み、三和区錦交差点を左折し5kmくらい進みます。
右の貯水池を過ぎ右折します、案内板を見つけてください。左折して林道を上がります。


2008年のプチ桜巡り終了



ポータル『さくら』へ

 シロート雅の
トレッキング日記