福島
さくら
2007年 4月18日


『三春千年滝桜』


今年は暖冬の影響で、日本気象協会の『桜開花予想』も混迷していた。
新潟市も観測至上初めて、1月の降雪ゼロを記録。雪割草も1月末に開花が確認されていた。

ものすご〜く、開花が早まるとの全国的合意が形成されていたのだが・・・・
2月3月と 『寒の戻り?』で迷走した。

雅の基本的行動パターンにのっとり、情報探索を開始する。といっても今年は2年目なので、前年を踏襲する。
郡山観光交通株式会社


想定どおりに滝桜が満開になった、6時半新潟を出発。
『チーム雪まろげ日記』

駐車場から登ってくると『この姿』=定番 見上げる (青空がほしい・・・・) 『この姿』が一番好きです


後ろから望む 生き物のような姿 (個人的にはあまり・・・) 菜の花が植えられた?
凄い広がりです 縦構図もなかなかです 一周しました
お天気は曇りです。青空がほしかったところですが・・・・・
逆に、滝桜だけにスポットを当てて見ました。




『上石の不動桜』

滝桜が満開ならば、当然不動桜はまだまだ満開にはなっていません。
分かってはいるのですが、会わないわけにはいかない。
強い生命力を感じさせる桜です。
南無不動明王 三分咲き



菜の花は脇役




『紅枝垂れ地蔵桜』

美しさでは、NO1の地蔵桜は当然、5分咲きです。




五分咲き 斜め後ろからのカット


今日は、三春町を離れ、小野町に向かいました。
東堂山にある、『昭和羅漢』を見たいからです。ここは、好きな人と嫌いな人に分かれるでしょう。
画像掲載は自粛いたします。
『東堂山観音桜』は予想どおり咲いていません。

江戸末に立てられた ・・・・


今日の第二目的は、ミーハー的 『あぶくま洞』 探索です。



あぶくま洞の楽しみ方は、もちろん人それぞれですが、今日はミーハー的に行きます。
ということは、見たものをそのまま楽しむということです。
雅的にこの手のものを、マジ鑑賞するとなると、とてもただではすみません。
地質学から入らないといけません。それはいづれ手を出しますが、今日は観光です。
期待して・・・ う、狭い・・・ 同行者2名 らしくなってきました
ワオ〜 ゴースト
写真切りまくり状態ですが・・・
ぶれ写真が多い
最後は光のファンタジー


月面?




昼食は、『あぶくま洞』近くで、『十年うどん』を所望。
十年もののうどんではありません、十年という名のごまです、なかなかいけると思います


ということで、今日はプチ観光をしてきました。



ポータル『さくら』へ

 シロート雅の
トレッキング日記