和尚山 1601.7m Oshoyama 2010年2月24日(水)

『登攀』


『晴れれば天国、荒れれば地獄』

今日は全国的に快晴の予報です。こんな日はシーズンに何回もない感動ゲットのチャンスです。


『あだたらエクスプレス』

北から南に連なる安達太良連山には、
『日本百名山の安達太良山』、『連山最高峰の箕輪山』、『鬼面山』、『鉄山』などのピークがあります。
今日は一番南にある 『和尚山』 を目指します。

9:25 ゴンドラ山頂駅スタート 安達太良山頂へ向かいます 同行者ハッシー
左に見えるは・・・・ 雪原へ あれは・・・


『モンスター』


安達太良山の山頂まで、あとわずか(標高差100m)で左の尾根に向かいます。

左へ 衰退期に入ったモンスター達 下ります
10:25 『和尚山』へ

ゴンドラ山頂駅から1時間、安達太良山頂を前にして、左へ舵をきります。
一度大きく鞍部まで下り、アップダウンを繰り返しながら山頂へ高度を上げていきます。


『安達太良山頂』


気温が上がり雪解けが進んでいます。
安達太良山から和尚山との鞍部まではハイ松対帯ですが、すでに踏み抜き状態になっています。

アップダウンが始まります
右に、『川桁山』、『磐梯山』



『山頂への道』

左前方の『磐梯山』、真っ白なピークは『船明神山』、乳房山=『安達太良山』は絶景です。




本日の最大難所の下まできました、ルートを決めピッケルを出しました。
右は崖です、左は↑のように急斜面で雪崩そうです、正面は急登でピッケルでないて登れない・・・・
雪は緩んでおりアイゼンは使わずワカンのままで進みました。


『蹴り込む』







進むしかない・・・・
急斜面に緊張をしましたが、思ったより雪質が柔らかく歩きやすく、助かりました。
風も微風とまではいきませんが、歩行に影響を受けるほでではなく、返って強い日差しにちょうどいい感じでした。

急登を過ぎ、なだらかな斜面になりました。一気に見晴らしがよくなりました。

『絶景・絶景・絶景』



『磐梯山』






普段は強風が吹き荒れているであろう山頂近辺は、モンスター、シュカブラ、海老の尻尾・・・・
気温が上がり、やや丸みを帯びてきていますが、雰囲気を楽しみます。

時々、落とし穴・・・
山頂へ

ゴンドラ山頂駅から、3時間あまりで和尚山の頂に着きました。
実は考えていたより、雪解けが進んでおり、何度も落とし穴にはまり予想以上に時間がかかりました。(ハッシー談)


12:36 『山頂記念写真』




山頂と思われる(標高最高)地点で昼食をとり絶景を満喫しました。


13:00 帰路に

至福の時に見切りをつけて下山します。

危険地帯






急斜面 シリセード



『下降』

一般的に、山は登りよりは下りが危険です。後ろ向きで下りると足元を確保しやすくなります。

鞍部へ 急斜面を振り返る 登り返し

今日は快晴で気温が上がり、融雪もハイペース進み、
安達太良山への登り返しは、落とし穴にはまりながらとなりました。


『安達太良山』への登り返しの途中から見る『和尚山』

下りは思いのほか時間がかかっています。
安達太良山登頂は断念・・・・

下るのみ 15:15 振り返る



15:34 ゴンドラ山頂駅に戻ってきました。




冬山は、『晴れれば天国、荒れれば地獄』 です。
安達太良山も今日のような日には、なんら問題がありませんが、天候が急変して吹雪にでもなると超危険です。




ありがとう、『和尚山』


ポータル『裏磐梯』へ    2010年一覧へ