1,566M
大渚山
2005年 10月26日(水)


大渚山山頂より
日本海(はっきりはみえていないが・・・)から押し寄せる山波のイメージ
山名の由来はこの絶景ではないだろうか・・・・・



6時集合、高速で糸魚川まで行き、白馬方面へ進むと、雪をかぶった山々が見えた。
その後、トンネルを抜けて左折して、小谷温泉を超え妙高小谷林道へのT字路を直進する。
雨飾山登山口の分岐をすぎ、鎌池も通過、紅葉の中を進むと湯峠です。

白馬岳だ、左:小蓮華?乗鞍?右:杓子?鑓? 道の駅 『小谷』より大渚山? あれは・・・・大渚山に違いない
紅葉・紅葉・紅葉 カメラカメラカメラ カメラマンがいっぱい あれは雨飾山だ


いよいよ大渚山だ


登山開始9:30の予定が30分遅れ、雅の紅葉の撮影に時間をとられた。
メンバーからのブーイングに、急いではいるのだが・・・・、まあお天気とお気楽トレということで大目に見てもらっている。







湯峠から雨飾山、大渚登山口は手前 9:57 ブナは、葉を落としている 『姫』が先頭で飛ばす飛ばす



雅は最高峰(後方) 山頂は左上です ゆっくりゆっくりを指示



金山、天狗原山 『女雛』 のような雨飾山


『姫』 が飛ばす飛ばす、雅は最後方から続く。紅葉&絶景に・・・う〜ん、撮らねば・・・・
今年は紅葉が遅れている、との前提と初冠雪を期待しての『大渚山』の選定は正しかった。

ダケカンバが美しい


ブナ林帯の紅葉絶景


山頂手前から、 右奥は妙高山


今日のテーマは盛りだくさんだ。
@雪を被ったアルプス、Aブナ林の紅葉、B露天風呂、C妙高小谷林道の紅葉、D苗名の滝、Eイモリ池
紅葉のドンピシャにあわせてのお気楽トレッキングを企画していた。


すばらしいの一言です


11:05 大渚山山頂

 
きのこラーメンと、ごくごく少量?の日本酒、ビール、焼酎で、至福の時をすごす。


鹿島槍ヶ岳、五龍岳、唐松岳、・・・白馬鑓ヶ岳、・・・・・ 雪倉岳


13:30 山頂を後にする






下りのほうが、紅葉が美しい。
ありがとう 雨飾山 鎌池 鎌池駐車場の脇には、喫茶店
山頂に二時間半もいた。刻々と移り変わる絶景に時の過ぎるのを忘れていた。
もちろん、ごくごく少量のお酒と特性ラーメンも最高でした。
まだまだ、満喫テーマは残っている。次は小谷温泉(露天風呂)だ。

ブナ林の中の露天風呂、雅の10年来のお気に入りです。このあと妙高散策もあるので、短時間で切り上げた。



妙高小谷林道は、長野と新潟の県境を通過する標高1100m〜1400mくらいの峠道(一部舗装)です。
紅葉真っ只中のなかを一時間半で妙高へ抜けました。
雅は、あそこもここも撮りたい・・・・・
皆も、『ブナ林帯のまっただなか紅葉』 に満足したようす?





長野・新潟県境の乙見山峠のトンネルを貫けると、う〜ん・・・・ぶらぼー


夕日あたるブナ林

大木と紅葉 笹ヶ峰 苗名の滝
イモリ池 と 妙高山


最後は、時間切れに近かった。イモリ池は日没後となった。
目一杯、想定の範囲内で全てのテーマをこなした。

新潟に8時前に到着。
今日一日、目一杯、紅葉の秋を満喫した。
満足、満足、満足


チーム雪まろげ第八弾 『全員集合』




チーム雪まろげ
チーム雪まろげ日記へ