裏磐梯
小野川不動滝
2005年 3月 25日(金)


大満足の『ハッシー』

本来の休みが変更になった。イエローフォールツアーで知り合った『ハッシー』のHPを見た。
ん・・・・、雅の休みに不動滝ツアーが入っている。これは神の思し召しに違いない。参加しろということだ。
三月も終わろうとしている時期、本来はもうスノーシューツアーは終了している。

猪苗代湖は吹雪の中 毘沙門沼も吹雪の中 桧原湖も吹雪の中

前の日の夜から雨になった。この時期の雨ほどいやなものはない。
雪が腐ってしまう、いっそ雪のほうがまだましなのだ・・・・・
西会津の道の駅で車中泊
6時に起きたらスゴイ吹雪である。地吹雪がこれほどスゴイとは・・・・
何十回と通った猪苗代から裏磐梯への道、なんと49号線の交差点をきずかずに通過してしまった。




『ビジュアル・プレゼンテーション』
待ち合わせはビジターセンター。知らなかった、こんなに美しい空間が出来ていたなんて・・・・
視覚と感性に訴えた表現、空間と提案方法、がきれいにマッチしている。
自然の美しさを、モダンにアレンジしている。誰の感性だろうか・・・・・・

外は、猛吹雪で吹き溜まりができている

猛吹雪で視界、数メートル スノーシューをつけて いざ出発、10時55分






新雪です 何をみているのか・・・ 二人はスノーシュー初体験






小野川に落ちる『雪玉』 春の訪れ:木の周りが融けている 時折、猛吹雪

思いもよらぬ春の吹雪で、新雪が降り積もった。スノーシューにはベストコンディションとなったが・・・・
雅は単独参加だが、女性2人組とハッシーで、4人のスノーシューハイクとなった。
これだけ大荒れの中での貴重な体験だと雅は思うが、初体験の二人はどうだろうか・・・
ハッシーがしきりに、楽しみ方をレクチャーしている。
『転げ落ちる雪玉』は言われればなるほど面白い。気温と雪質と傾斜が問題か・・・・
なんのことか、わからない方は、ハッシーツアーに参加しましょう。





ストックの高さが夏の頭の位置とのこと 『小』・・・・・・小野川不動滝の『小』 花が咲いている (マンサク)



積雪は・・・ シナノキ? ミズナラ?



え・・・落雷跡、中が確かに黒い(焼けた) こちらは・・・ 鳥の巣跡、啄木鳥らしい
落雷にあっても、木の皮から数センチが生きていれば成長を続ける。
鳥のあけた穴もだんだん、自力で修復していく。
『生命力』


『秋と冬の融合』

『春と冬の融合』
3月も後半です、本来でしたらもう春です。
マンサクの花が主役でしょう。でも ラッキーです。
自然は気まぐれです。そこがまたおもしろい・・・

結構降り続いてます バウンド落とし? 元気の素 『ツララ』 カリカリごっくん
もうすぐです 若い(とはいえ5年)ブナ 到着


 
 
滝つぼを覗き込み解説をするハッシー










ティーサービス 不動滝をあとにする
探しています 葉痕? 葉芽、花芽、混芽? 冬の木の芽いろいろ




木々が揺れていました、なぜかずっと見ていました。自然を感じた。

今日は猛吹雪でした、でも森の中はいろいろな発見があり楽しめました。
滝の周りは危険です、ガイドツアー以外はそうとう注意が必要でしょう。
ハッシーと一緒に、自然を楽しみながらの安全・安心ツアーでしょう、やっぱり・・・・


『ハッシー』
森の楽校フォレストランド
http://www.fr-land.com/index.html
969-3101 福島県耶麻郡猪苗代町土手間1481-2
TEL 0242-67-1131 FAX 0242-67-1132
メール info@fr-land.com



ポータル『裏磐梯』へ