1,421m
二王子岳
2008年10月30日(木)

『冠雪飯豊』



7:27

今日は群馬から200名山『二王子岳』を登りにくる。
天気予報は、『くもり/雨』ところにより午後カミナリ・・・・

撤退ありでの出発

いつもながら、杉の大木に身が引き締まる
一合目 7:53

雅は、無信教ですが、いつも『二王子神社』から登り始めると、杉の巨木に圧倒されます。
年のせいでしょうか日本人だからでしょうか、そこになぜか『神』を感じます。




一合目を過ぎると広葉樹林帯に入ります。思いのほか紅葉していないですね。

大杉 神子石 三合目 8:40



『晩秋』


三合目を過ぎると日差しも明るくなり、晩秋の紅葉が楽しめました。
もしかして・・・、飯豊を見ることができるかも・・・


櫛形山脈より北は雲多数


新潟バイパスから、二王子岳や飯豊連峰は不完全ですが見えます。
山頂付近には雲が掛かっています。







五合目 9:39 雪が・・・・
おお、冠雪してる



赤い実 (ナナカマド) 薄氷
10:10







六合目を過ぎ、気持ちが逸って来ました。人間欲が出てきます。
『冠雪の飯豊と青空』

『油こぼし』 の急登 10:32



『雪景色』








凍っています 八合目 水場 10:52



『絶景』


今日は、もしかして山頂は雪かもしれないとは、思っていました。
ここのところの気圧配置と天気が、冬型だったからです。
樺太の北にある低気圧が何日も動かずに停滞しており、典型的な『西高東低』の気圧配置だったからです。







振り返る 九合目  『蒜場山』
11:20



『青春の鐘』

飯豊はほぼ見えています。
ただ標高1,900mくらいより上は雲が掛かっています。
ちょっと残念ですが、『冠雪の飯豊』に出会えて満足です。




『エブリ差岳』


山頂小屋は、貸切でした。
我々が着くと同時に、女性6人が下山していきました。
後はだれも、来ませんでした。











下山開始 13:10
光のシャワー






『油こぼし』 13:50
雪はだいぶ融けました




まもなく三合目 
神子石 15:07




戻ってきました 15:36
旧参拝道


今日の想定は晩秋の二王子岳でしたが、初冠雪にヒットしたようです。
例年より早いような気がします。





ありがとう、二王子岳

また来るよ。



2008年一覧へ  ポータル『二王子岳』へ


 シロート雅の
トレッキング日記