1,421M

2004年 12月 12日(日)

『幻想的』


5時半に五十野公園で、哲さんと待ち合わせ。ヒロタンは雅の家に昨日泊まって合流する。
天気予報は見ていなかったが、雨が降らなければいいかなと思っていた。4時半に新潟を出発すると
星が出ているではないか、バイパスを走っていると少しずつ明るくなるにつれて、飯豊、二王子の
稜線が見えてきた。ガスはかかっていない、もしかして今日は晴れる。

二王子神社まで、問題なく入れた。7時12分出発。順調にすすみ三合目で雪が出始めた。
山頂は雪だ。期待が膨らみ始めた。登るにつれて朝日連峰が見えてきた。今まで最高の輝きを放っている。



登るにつれて、樹氷が出てきた、光にあたりキラキラと輝いている。3人で感動しながら
写真をとりながらで、超スローペースで登っていく。ヒロタンもビデオを頻繁に撮影している。



7合目 油こぼしから振り返ると東港がすぐそこにある








昨日の夜にできた樹氷に陽があたって美しい。







どんどん樹氷は、凄くなっていく。
真っ青な空を見上げると、樹氷が・・・・・影と光の・・・・・言葉がない



守門岳


粟ヶ岳


弥彦山、角田山が浮かんでいる
山々が美しい、遠くに越後三山まで見えていた。

この段階で、大満足。最高の1日を予感する。この調子だと飯豊はきっと・・・期待が高まる


山頂が見えている、左後方には朝日連峰がくっきり見えている。
風は時々吹く程度で、あたたかい。油こぼしを過ぎたころから、腿がつり始めた。
寝不足に前夜の酒の影響か・・・谷川岳〜平標山縦走が頭をよぎった。
ヒロタンは、小屋の場所とりのため先に行く。だましだまし写真を撮りながら登った。



山頂到着 11:09


先に行ったヒロタンは、だれと記念写真を撮っているのだろう?
その後、合流して小宴会となった。



期待以上の絶景が広がっていた。飯豊は光っていた。

雪が少ないが、かえってそれがまたいいかも・・・・パウダースノーで、真っ白で、やさしい感じがします。



今年は、二人にいろいろな体験をさせていただきました。
感謝しています。来年もよろしくお願いします。
雅も少しは成長いたします。

いつまでも、見ていたい飯豊、来年こそは行きます、行きます、絶対に・・・・・


  

実は山頂小屋で、飯豊・朝日連峰の登山者情報 管理者の井上さんから声をかけられた。
気さくなおじさんという感じだった。またどこかでお会いしましょう。



下山をしようとしたら、山頂小屋の年配の男性の様子がおかしいことに気がついた。
顔色も悪いし、足も痛いそうで、寒気も起こしている。同行の男性がいろいろ介抱しているが
いっこうに良くならない、話をきくと先に下った夫婦に自宅に連絡をしてもらい、県警のヘリを要請したとのこと。
ヘリはすぐ来るだろうと、ぎりぎり待ったがなかなかこない。仕方なく、下り始める。13:47
9合目の少し下で、携帯がつながったので、連絡をとったらヘリは要請したことは確認できた。
下りながら、いつくるかいつくるかと気になった。30分後くらいだろうか、ようやく飛んできた。

15:52 二王子神社に到着。新発田城温泉で一風呂浴びて帰りました。
すばらしい初冬の二王子岳でした。ありがとう。また来るよ・・・・・・



ポータル『二王子岳』へ

シロート雅の
トレッキング日記
ミラーサイト