2,485M
男体山
2007年 10月 24日(水)


『金精峠』 から 『男体山』


今年の紅葉は遅い・・・・とはいえ、山はやはり山です?
紅葉は進んでいます。
多様性が大好きな『雅』としては、いろいろな紅葉を満喫したい。
いろいろ情報を集め、自分なりの考えをプラスして・・・ドンピシャを引き寄せる。



沼田ICから、ロマンティック街道を日光に向かいます。
尾瀬への道を左に分け、日光白根山ロープーウェイを過ぎると、すばらしい紅葉が現れました。

霜で白いのです 『菅沼』 『金精峠トンネル』を抜けると・・・おお




感動・・・・・



車を止めては、パチリパチリ。
気持ちは、紅葉で高揚していますが、時間がない・・・・
でも、写真も撮りたい。
今日は1日、観光にしようか・・・・・

『男体山』に行かなくては行けないが・・・ ついつい車を止めてパチリ・・・ 『湯元温泉』
美しいです
車がいっぱいになってきました 『戦場ヶ原』? 観光客多数で雅もパチリ、しかし?
ようやく『男体山』をパチリ


日光には山登りに来ました。
しかし、途中でほんとうに『1日観光』にしようと思いました。
しかし、あまりの人と車の多さに、我を取りもどし、男体山へ向かいました。



『日光二荒山神社』


中宮祠社務所で、登拝者受付をして、お守りと説明を受けます。(一人500円)


男体山(海抜2,486m)は二荒山神社の御神体山であり、古来より山岳信仰の御山として多くの崇拝を集める
関東第一の霊峰であります。山頂には当神社の奥宮がありますので、諸願をこめて御参拝下さい。

※頂上まで普通は3〜4時間、山道6Kmです。
※3〜4合目は広い工事用道路になり4合目の石鳥居をくぐり登山道にはいります。
※7〜8合目、頂上付近はガレ場になりますので、落石等に充分ご注意ください。
※5.7.8合目、頂上には避難小屋があります。
◎登山証明書 発行中 一通 500円也

◆登拝期間 5月5日(開山祭)より10月25日(閉山祭)まで

以上の他に、登拝案内図と行程が書いてあります。
登り240分、降り200分の表示・・・・







登拝門をくぐります 9:28 石階段を登ります
一合目  9:39 鹿の食害防止? やや急な登りが続きます



『中禅寺湖』が見えました


登山口にたどり着くまでに、ずいぶんパチリパチリで時間を使いました。
焦る気持ちと目の前の絶景に、高揚しています。

9時28分にようやく登山開始、登り4時間、降り3時間20分

日没は?



次へ