2003m 越後駒ヶ岳 Echigo Koma 2009年6月24日(木)

『駒へ』


昨日はガスの中 『十字峡』 から 『中ノ岳』へ登り,避難小屋で楽しい一時を過ごした。
夏のアルプス以外は、ほとんど泊まりでの山に行かない(行けない)『雅』としては『夕陽&朝陽』を楽しみにしていた。

しかし、昨日はガスで夕陽はなし・・・となれば、『絶景のご来光』








4時過ぎに起き山頂に向かったのですが、ご来光はありませんでした。
『燧ケ岳』『平ヶ岳』『巻機山』も最初は見えていたのですが、だんだんガス&雲が広がってしまいました。
天気予報では『晴れ』のはずですが、山の上では良くあることです。


6:28

小屋で朝食を取り、身支度を整えて出発ですが、最初にデイダラボッチさんが出発、ついでhiroiさんが出発・・・・

実はデイダラボッチさんが駒ヶ岳から縦走してきたことを知り予定変更、
『中ノ岳』から『駒ヶ岳』へ縦走し『駒の湯温泉』におり、タクシーで『十字峡』に戻ることに、しかし、かなりのタクシー代がかかる。
そこで未踏の三人は『駒ヶ岳』から『枝折峠』へ、hiroiさんだけ予定通り『丹後山』から『十字峡』に下り車を回す・・・
hiroiさんの言葉に甘えてしまいました。







『八海山』 小屋の前にはハクサンコザクラ 『荒沢岳』
ナエバキスミレ? 『駒ヶ岳』 ミツバオーレン
ハクサンチドリは 駒までず〜と咲いていました ツマトリソウ
miekoさん、タカさんは駒へ イワカガミの白花かな? 振り返ると『兎岳』、hiroiさんはあそこに・・・
シラネアオイ

新潟の梅雨は後半に大雨になるが、前半は梅雨の晴れ間もあります。
また越後の山々では残雪が消えたところから、さまざま花たちが咲いていきます。
『駒ヶ岳、荒沢岳』


またこの時期は、新緑と残雪がほんとうに美しいです。
普段は青空がないとモチベーションが下がるのですが、花々の憂い憂いしさがそれを補って余りあります。







ミツバノバイカ(コシジ)オーレン ヒメシャガ イワカガミ
マイズルソウ ゴゼンタチバナ ユキザサ






これだ



『シロバナハクサンチドリ』


実は、デイダラボッチさんから駒への中間くらいに、ハクサンチドリの白花があることを聞いていました。
登山道脇に3つかたまってありました。


なぜを実写・・・・


『ヤマイワカガミ』


イワカガミの白花もあることは聞いていました。
しかし、物凄い群落が続くのです、これは白花(個体変異)ではない。『ヤマイワカガミ』です。
こんなに群落になるとは知りませんでした、ここにはピンク色のイワカガミは駆逐されてしまったのかまったくありません。







晴れるどころか お天気は 下り坂に・・・
稜線の雰囲気が変わってきました



『断崖絶壁』




この辺が『檜廊下』でしょうか?
痩せ尾根に、むき出しの根や曲がった幹の檜?が張り付いている感じです。




滑落注意





まだまだ続きます


『 断崖絶壁 A』


重い荷物と想定外のアップダウンにスローペースになり、お天気もさらに悪化。







右滑落注意 歩きぬくいヘツリ道を抜けると 普通の稜線に
ムラサキヤシオ ガス(雲)が目の前の稜線を流れる カラマツソウ


『雨に咽ぶ荒沢岳』



9:10 『天狗平』

『中ノ岳』の標高は2085.2m、『駒ヶ岳』は2002.7mですから標高差は82.5mです。
『天狗平』の標高は1,729mです、中ノ岳からいくつかのアップダウンの末、約350mくだったことになります。
この先の登り返しは、300m弱です。

雨になる かなりの登り返し






ナエバキスミレ? 辛い登りもあと少し アカモノ



『諏訪平』 コバイケイソウ
左:グシガハナ、右:駒山頂 右残雪が続きます 直進:駒山頂、右:駒の小屋
10:20 『越後駒ヶ岳』山頂


登頂記念(証拠写真)

駒の小屋へ 10:38


中ノ岳から4時間あまりでやってきました。ここまでは予定通りです。
ただ越後駒ケ岳に近づくにつれて雨が強くなり、体が冷え切ってきました。
こんなときの小屋はありがたいです。




食事をし休憩もしました、その間に天候は回復してきました。

12:25
駒の湯分岐
振り返ると山頂は雲の中に
銀の道分岐 15:48 枝折峠


十字峡に下りて車を回してくれるhiroiさんとは、2時から3時の待ち合わせでしたが、遅刻してしまいました。
2時間半で下れると思っていたのですが、3時間以上かかってしまいました。

hiroiさんにはご迷惑をおかけしました。
『十字峡』に戻り、温泉に入って解散としました。

予定変更の『中ノ岳』から『越後駒ケ岳』でしたが、充実した二日間でした。

同行者に感謝いたします。

ありがとう


初日へ戻る


2009年一覧へ