1, 553m 未丈ヶ岳 2007年6月2日(土)

『荒沢岳、中ノ岳、越後駒ケ岳』


『新緑&残雪&絶景』の青空を求めて・・・

今日は『オフ会』、なんとなく違和感のある言葉ですが、世の中的には当たりでしょう。
バーチャルの世界(ネット)で、顔見知りの6人が集まりました。
目指すは『未丈ヶ岳』です。



6:55 出発

最初の徒渉 次の徒渉、渡ってからヘツリで落下・・・ 沢沿いのヘツリ道を進みます
道標は尾根に取り付くまで、数箇所あります 最後の徒渉 渡って『三ツ又』 7:30




最初は徒渉を3回繰り返します。
雅は2番目の徒渉後、横へ2mほど異動する際に滑って50cmほど落下、膝くらいまで水に浸かりました。
スパッツをしており靴も外が濡れただけで、事なきをえました。

尾根に取り付く 『未丈ヶ岳』が見えました 残雪の山が見えてきました






最初に姿を現したのは『荒沢岳』 尾根を気持ちよく進みます 荒沢岳に続き、『中ノ岳』 『越後駒ヶ岳』が登場
五葉松 ツツジ系

緩やかな尾根が続きます。
見晴らしがよかったり、五葉松やブナの樹林の中だったりしながら、974mピークにたどり着きます。


974ピークより、『中ノ岳 〜 越後駒ケ岳』  8:50

健脚隊3人にだいぶ置いていかれました。974ピークで待っていてくれました。ここで、約半分です。
ここから、『松ノ木ダオ』に下ります。ダオとの何のことか話題になりましたがよく分かりません。
鞍部のことでしょうか?

ピークより山頂、左の尾根を進みます 松ノ木ダオに下ります 左手の尾根






ツツジをめでながら・・・ 日陰は涼しく快適に歩けます 『荒沢岳』が美しい
『イワカガミ』
9:51 三角点がありました (標高 1,204m)



雪道が出始めました

マンサク 左手に『毛猛山塊』が・・・


『三ツ岩』


さあ、最後の一登り 雲が取れてきました
山頂着 11:03 見晴らしのいい雪田の上で・・・ 至福の時


中央 : 奥只見湖 ほとんど見えませんが・・・
最後方の稜線は、福島県の『三岩岳 〜 会津駒ヶ岳 〜 燧ヶ岳』


本日の絶景パノラマ
『村杉岳 、後ろ会津朝日岳 〜 丸山岳 〜 坪入山 〜 窓明山 〜 三岩岳 〜 会津駒ヶ岳 〜 燧ヶ岳 〜 平ヶ岳 〜 荒沢岳 〜 兎岳』
荒沢岳の手前は、『日向倉山』



『燧ケ岳』 『平ヶ岳』 『荒沢岳』 


左:『毛猛山塊』、その後ろに『守門岳』、中央奥:微かに『粟ヶ岳』、右:鬼が面山、浅草岳』


記念写真

今日はネット仲間6人による山行きです。
リアルの世界では、なかなか会えませんが、ネットの世界ではよく理解しています。
情報を発信することで、仲間が広がります。何のしがらみもなく、ただただ山登りを楽しむことができます。
名残り惜しいですが・・・ 下山 12:36 天気はさらに快晴に



『石楠花』 と 『毛猛山塊』


タムシバ






順調に下山
ヘツリ帯 徒渉 無事下山  15:38


『未丈ヶ岳』
標高では周りの山々にはかないませんが、すばらしい山です。
紅葉の時期に再訪したいと思います。

魚沼の山は美しいです。

『ありがとう、また来るよ』





冬の未丈ヶ岳へ


 シロート雅の
トレッキング日記