松平山 954m Matudaira 2012年4月15日(日)

『絶景』

2012年の春は遅いです。桜開花の発表はまだないです。
当然、越後の山も豪雪でした。ということは、残雪の山が、まだ楽しめる・・・
前夜は暴飲(同期歓迎会)、しかし今日は晴れマーク・・・近場で残雪未踏の山は・・・・五頭山塊の松平山を選択しました。


『登山口:魚止めの滝』

9:30
五頭連峰少年自然の家を過ぎ林道脇に駐車します。
赤安山登山口右手に見送り林道を歩くこと20分、林道終点登山口に到着します。

対岸に渡り へつり上がると 道標があります




沢沿いを進みます  右崖下は渓流というより激流です  しばらく行き渡渉すると
道標を左へ (ここまで約1時間) 一本尾根を登ります 標高上がりブナ純林に

今冬は山行きの回数が激減、よって体力に自信がありません。
単独でもあるので、道迷いや不注意による事故に注意を払いながら進みます。
数年前に一度登っていますが、季節も違うし記憶も曖昧です。残雪期は夏道が隠れ、道標があると助かります。


残雪帯に(標高500m)入りました

後方に登山者発見 五ノ峰かな・・・見とれる間に あっさりスルーされました


11:45
『山葵山山頂』

ここまで2時間15分のスローペースです。実は今日の目標は『山葵山』だった。
しかし、残雪は歩きやすく、見晴し、天候も申し分ない。これなら飯豊を見ないで帰るわけにはいかない。




 痩せ尾根  
後方  

残雪は歩きやすく、背中のワカンは必要ありません。
標高が上がるにつれて、青空と雪山の取り合わせにモチベーションはどんどん上がっていきます。

標高千メートルにも満たない五頭山塊ですが、絶景が広がっています。



12:06

小さなアップダウンが続きます  



『五頭山、菱ヶ岳への稜線』

左方は 金鉢山 前方に 二王子岳、飯豊連峰 まもなく
 
13:15 山頂着  
『山葵山』からの稜線歩きは 1時間半でした。


『二王子岳、飯豊連峰、蒜場山』

もう何回、飯豊を眺めただろうか ・・・、それでも会いたくなる ・・・ 不思議だ。

山頂だけは風が強かったが、その分空気が澄んでおり、360度のパノラマと特性ラーメンで至福の時を過ごした。



『山座同定』

菅名山塊、粟ヶ岳、守門岳、浅草岳、越後駒ヶ岳、中ノ岳、荒沢岳、御神楽岳


14:00

名残惜しいが戻ります。

飯豊よ今年は行くよ




松平山から山葵山までの稜線は気持ちがいい稜線が続いています。
特に下りは越後平野に舞い降りていくような感じで気分爽快。


『金鉢山』


15:07

ちょいスリル  
へつり注意  
 
  16:14 帰還  


想定どおりに大満足の1日でした。


ありがとう、松平山、また来るよ



前回の松平山

 シロート雅の
トレッキング日記
TOPへ戻る