1,967m
巻機山   
2007年9月13日(木)


『布干岩』


ついに念願の『ヌクビ沢』に行って来ました。
春夏秋冬感動探訪を目指す雅としては、9月のテーマが確定しません。

『夏山と秋山の端境期』
なにか別の切り口での感動はないか・・・・

山のモデル』さんのブログを見て8月末に計画しましたが、お天気に負けて延期していました。
再び『晴耕雨読』のhiroiさんにお願いして決行です。

いっちゃんチーム』のタカさんと新潟を5時に出発、大和PAを6時過ぎに出ます。(通勤割引 1,350円)
国道291号線を進み清水集落を抜けて桜坂駐車場で待ち合わせ。
新潟から約2時間です。

登山はすべて自己責任です、7:33 『天狗岩と割引岳』が見えています、ワクワク 今日は『ヌクビ沢』に向かいます






左:ヌクビ沢、右:避難道 天然なめこ? 当然採取

駐車場には県外ナンバーが10台くらいありましたが、みなさんすでに出発されていました。
桜坂駐車場から、30分で沢に出ました。


(hiroiさん提供画像)


いきなりロープです。
またまたやっちゃいました、ズルッ・・・・
このロープは、85Kg(雅+リュック)までは切れません。
当たり前ですが、滑ります。







何箇所かロープがあります ジャコウソウ?



沢は初体験です カメバヒコオコシ



『吹上の滝』?


雅には沢登りは危険という先入観念があり、立ち入ってはいけない世界だと思っています。
しかし、山のモデルさんのブログで『巻機山ヌクビ沢』を計画をしているのを発見して、手を上げてしましました。
ご安心ください。今回は沢登りではなく、沢沿いの登山道です。

なぜか、美しいと感じます ロープ & ヘツリ 振り返ると 『大源太山』






危険、ロープなし、濡れておりコケ付き



青空です








ロープがところどころにありますが、濡れているところはそうとう滑ります。
慎重に進みますが、パチリパチリは止められません。


アイガメノ滝
(hiroiさん提供画像)








アイガメノ滝を登り 矢印通りに進むと 大石ゴロゴロに出ます
カリガネソウ発見



ヌクビ沢出合


最初のロープ&へつりで滑りました。
結果的に、お尻を濡らしただけでした。しかし気持ちは『これはヤバイ、なめてはいけない・・・』

以後は、滑ることを前提に最後方で進んできました。
今日は暑いです、沢沿いなので涼風が吹いているものと思っていましたが・・・
異常に汗をかいています。







左:天狗尾根へ、右:ヌクビ沢 ヌクビ沢を進みます
滑りそう・・・・ 撮影会 一枚岩(布干岩)を進みます






一枚岩を過ぎるとまたゴロゴロ帯 トリカブト 休憩タイム 9:31
ダイモンジソウ



『行者の滝』

今日はハイペースです、雅ペースで行くとなると登頂ができません。
次々と現れる滝に、パチリパチリと『下手な鉄砲も数打ちゃ当たる』パターンにはまっています。

最高の気分です、得てしてこういうときは・・・・
落とし穴にはまります。



次へ