568m      439m
櫛形山  鳥坂山
2009年2月28日(土)

『櫛形山山頂』


今日は晴れの予報。
昨日は送別会で午前様、よって、まったり飯豊を眺めて・・・・


左:森林公園、真っ直ぐ:小国谷林道、右側:櫛形ゴルフクラブ


実は最短で『櫛形山』に登ることができる大沢登山口までは判りにくいです。
まず、国道7号線からの曲がり口の 『関沢』の信号ですが、中条駅入口の次(村上方面)の信号です。
右折(新潟方面から)したら交差点の看板を見つけて右折してください。
『櫛形ゴルフクラブ』『森林公園』『櫛形山登山口』どれでもいいです。
その後、左折し道なりで進み、『櫛形ゴルフクラブ』入口手前で左折します、ここからは細い道で左折して小さな橋を渡り右折します。
しばらく進むと、↑の写真の所に出ます。砂利道の小国谷林道をしばらく進むと下のゲートに出ます。



ゲート前が入口(駐車場) 11:31

林道を少し進むと まもなく 『櫛形山塊縦走登山口』 杉植林帯を抜けて尾根に取り付きます






左手に中条市街が見えます ブナ林の尾根を登ります
大峰山分岐 12:19






最後はブナ 『二王子岳』
山頂着 12:24



想定どおり、飯豊連峰が見えています。この展望が、1時間もかからずに得られます。

朝日連峰から五頭山塊までのパノラマが広がっています。

至福の時を過ごし下山。
適度に雪が締まっており、ワカンは必要ありません。


地元の方

朝日連峰にもお別れして
左:関沢登山口、右:鳥坂山
  1.4Km      6.5Km
チョイ、痩尾根

14:00 駐車場にもとりました。あ〜あ、まったり、帰るか・・・・

国道7号線を左に曲がるところ、気が変わって右へ・・・・
なかなかこちら方面にはこないし、鳥坂山にでも行ってみるか・・・・



白鳥公園

国道七号線を進むと、胎内川の手前の右に、大きな看板で『白鳥公園入口』があります。
そのまま少し登ると、↑駐車場です。その奥に登山口を発見。







14:24 ちょっと登りますか 手ぶらです 初 オーレン
城氏の『洞穴』 非常時に備えた食料保存庫 14:57 追分コースから来ました 『五の堀』の看板

登ってくると分岐では右:『白鳥山』 と 左:『鳥坂山』に分かれます。
『白鳥山』で終わりのつもりでしたが、りっぱなマイクロウェーブに、もうチョット行ってみるか・・・・








りっぱな鉄塔はなに? マイクロウェーブアンテナとは? 15:11 登りきると
目前に『鳥坂山』、ここで撤退では意味なし 15:30 もう少し進むと
木立の間から、『風倉山』かな


飯豊も・・・


山頂に戻り、往路を再び下ります。

『高坪山』



振り返る
再び分岐、左の『白鳥山』へ
『一の堀』から『五の堀』までありました






『白鳥山』山頂の国指定遺跡
『宮の入コース』へ
16:25 ここに出ました。
こんな看板も

『白鳥山』からは、分岐まで戻り『追分コース』で下山したほうが正解でした。
小さな山だし、別コースと言っても、下で繋がるだろうと思い『宮の入コース』を下りましたが・・・・

車を停めた『白鳥公園』まで、45分もかかってしまいました。
ちゃんとコースは調べてから登るべきです・・・・反省


今日は、結果的に『櫛形山』『鳥坂山』『白鳥山』の三山巡りとなり、縦走コースの最初と最後を別々に登ったことになりました。

まあ、こんなこともあります。

ありがとう、『日本一小さな櫛形山脈』


2009年一覧へ