2009年1月29日(木)
だいりきさん         くろはげのかしら
大力山 ・ 黒禿の頭
504m          772m

『越後三山』





今日の天気予報は快晴です。
となれば最強コンビにアポイント、この時期ならではの未踏の山を所望します。
登り1時間ほどですが見晴らしのいい 『大力山』にしました。


小出ICを降り右折、突き当たりを右折します。
国道291号線を約1kmほど進み信号を過ぎて左折して宝泉寺に向かいます。


大力山遊歩道 ( ↑宝泉寺)

登山口 9:27 杉大木
一登りすると
お堂がありました 尾根道をしばらく進みます 最後はちょっと急登



昨日は午前様、
ビール、日本酒(越の寒梅)、シングルモルト(ラフロイグ15年)とアルコールガソリンは積んでいる?
お気楽登山で山頂でまったりのつもりでしたが、登るたびに見晴らしがよくなり気分も高揚してきました。


10:18

『大力山』までは坪足で進めました。
山頂に着くとカッコイイ避難小屋?屋根?がありました。




今日は先行者が二人いるようです、絶好の天気にワカンを履いて先に進むことにしました。



『大力山』から右へ下ります。

分岐を左へ 尾根道スタート 左ドッグレッグで進みます
『大力山』が左手になり 前には尾根道がうねり 右手には六日町平原?が・・・




この時期にしては、雪が締まっている感じがします。
ワカンなしでは進めませんが、先行者のトレースもあり快適な尾根歩きです。

振り返る




登るに連れて見晴らしはどんどん良くなります。
雅としては、アルコールガソリンを順調に消化(汗)し、体調はまずまずです。
もしかして、『黒禿の頭』まで辿り着けるかも・・・


いざ、次のピークへ


画像をクリックするとウィンドウを閉じます

それにしても、見晴らしのいい尾根です。
どうも、この尾根は、『黒禿の頭』、『笠倉山』、『ヨモギ山』と続き『越後駒ヶ岳』へ続いているようです。


波打つ尾根を登ってきました、彼方には『妙高山』が見えています。





まだまだ痩せ尾根が続きます。
360度のパノラマがこれだけ続くコースもなかなかないと思います。




痩せ尾根ハイライト



正面には、たくさんの山々が見えてきました。
下権現堂〜上権現堂〜唐松山、守門岳、浅草岳、毛猛山塊・・・







ナイフエッジ

後方も絶景


あと少しで、『黒禿の頭』です。
絶景尾根歩きは気分爽快で、なんとか辿り着けそうです。行けるところまでが最後まで来ました。

最後の登り 12:34





登り3時間7分は上出来でしょう。
雪が適度に締まり、先行者のトレース、同行者(H氏、Mさん)に助けられての達成です。



絶景が広がっています。
バーナーをつけて、いつもの特製ラーメンを作り、少し遅い昼食を楽しみました。

笠倉山へ向かへ・・・


山頂のH氏


H氏は早飯を済ませ、毎度の一人旅に出ました。
雅&Mさんはスローランチで楽しみます。風もなく温かく、まるで春のようです。
H氏が約30分で山頂に立ったのを確認して、一足先に下山を始めました。
13:46

再び痩せ尾根


ずっと下界を見ながらの下り


日が陰ってきました



ありがとう

『大力山』に戻ってきたら、再び陽が差してきました。
それにしても、『黒禿の頭』までの稜線歩きは見晴らし抜群で最高です。



大力山は標高504m、登り口は標高140mですから、あと標高差364mです。
振り返る
16:03

戻ってきました。

『大力山』、『黒禿の頭』は最高です。
新緑、晩秋に再訪したい山です、次回は笠倉山まで行きたいです。

ありがとう、また来るよ。





気分爽快、痩せ尾根歩き


2009年一覧へ