倉手山 952.5m Kurate 2013年10月23日(水)

『紅葉狩り』




新緑が美しい山は、間違いなく紅葉も美しい。
その逆も真です。

当然、タイミングを計っていたのですが、天候と休みが合いません。
ちょい早いとは思ったのですが、今日を逃すと来年に持ち越しとなってしまう・・・・





 しばらくは急登が続きます  
 
 なんの実?  




ホコリタケ に似ているが・・・木に生えている  五葉松平(かってに命名)  ツキヨタケ(毒)
 アシナガタケ (非食)  




 四苦八苦  



『ハナタテヤマナメクジ』

黄色いナメクジに遭遇、10年以上山を歩いていて初めてです。
調べてみると、とっても珍しいらしい。



雪が降るちょっと前のことですが、キョロロの森で黄色のナメクジを見つけました。
元キョロロの研究員でカタツムリが専門の西さん(現:豊橋市自然史博物館)に伺ったところ、
「ハナタテヤマナメクジ」というキノコが大好きのナメクジということがわかりました。新潟を中心に長野、福島に分布しているようです。
なんと名前の由来は、長岡市の花立峠にちなんでつけられたそうです。
黒い触角がキュートですね!

 イガのない栗? なんでしょう  
サンゴハリタケ    シメジ系のようですが・・・・



稜線に乗ると見晴し抜群となります。

下山者 山頂はガスとのこと・・・・  




季節外れの シャクナゲ  






標高を上げながら稜線を進んでいますがガス帯が迫ってきています。
振返る  




紅葉帯へ  





見惚れる



 

 最後の登り  
 
 ガス・・・・  
三等三角点 


ガス切れる


定番



ガスは完全には取れませんでした。





 下ります  
   
     



雪国ならではの紅葉だと思います。
ミズナラ、ブナ、ヤマモミジ、ナナカマド・・・・
 遠望  
名残惜しい・・・  
 稜線終了  
 急降下  
 
   ゴール  




   


 
   

今日は青空にはなりませんでしたが、ほぼドンピシャでした。
雪国の紅葉は美しいです。

ありがとう、倉手山、また来るよ




新緑の倉手山へ 初冬の倉手山へ


2013年一覧へ

トップへ戻る