879M
光明山
2007年11月 8日(木)

『フィゴの立負(タテブエ)』


紅葉シーズンも終期です。
まだまだ『未踏の山』、紅葉を堪能していない『お気に入りの山』が多い。
お天気は大丈夫そうである。どこを選択するか・・・・常に狙っている山はいろいろあります。
ドンピシャで、その山の魅力を堪能したい。(欲張りです)

『日本平山』 と 『光明山』を迷いました。標高が低いほうが、紅葉を楽しめるのでは・・・・
ということで、『光明山』を選択しました

光明山登山入口 8:00
笠掘ダムの手前から登ります。
マイナーな山なので登山者がいるか、チョット心配でした。






『光明山』の由来は・・・・ この光ではないでしょうか? お日様に向かって登ります。






『粟ヶ岳』が見え始めました 8:52 ヘツリ道のあとは、滑りやすい急登です 『七曲峠』 9:05



『七曲峠』より 『笠掘ダム』 と 『粟ヶ岳』

登山口は直ぐ分かります。最初は針葉&広葉樹林の中を進みます。
ヘツリ道が始まり、やがてロープが下がる岩帯に入ります。まもなく左後方に『粟ヶ岳』が見え始めます。
登りきったところが、『七曲峠』です。


再び、ヘツリ道が続きます 左手には紅葉が続きます がば井戸?
登りきると・・・絶景が・・・・9:40


『万之助の風吹場から』

落葉も目立ちますが、なかなかの絶景紅葉です。


絶景の中、進みます まだまだ、先のようです・・・・ 五合目 『山の神』 9:48


今日は軽量化を計っています。昼食はおにぎり、カンチューは自粛。

標高は低いですが、『光明山』はヘツリの道が長い・・・・
どのガイドブックを見ても、ネットで検索しても、最速で3時間です・・・ということは4時間を覚悟しなくては・・・・


『川内山塊』

五合目『山の神』を過ぎ、しばらくは紅葉樹林の中を進みます。
左下に『砥沢川』


『眼下の晩秋』








ブナが美しいです
ピークが・・・・登るの? 左から右へ出て トラバースです
右手に『守門岳』が見えました 尾根に出ます 左後方に『粟ヶ岳』
あれは・・・山頂?
万之助山、光明山の表示 少し登ると 『万之助山山頂』 です

10:23

万之助山(前光明)から




次へ