825m
木六山
2008年4月20日(日)


『悪場峠から』


今日は、『セフコの森T&Hさん』とご一緒です。
『川内山塊』はまだ未踏の山ばかり・・・・『木六山』へは近いうちに行きたいと思っていました。


『木六山〜七郎平山〜銀次郎山の案内』


朝5時出発、村松の早出川ダムへ向かい、↑の看板から右折します。しばらく進み
『チャレンジランド杉川』へ入らずにそのまま進み、悪場峠の駐車スペースを越えてしばらく下ります。

路肩に停めます 6:47 いざ アップダウンアップと進み
『仏峠』 7:07 『ヘツリ道』が続き気を使います。 『桜』発見、後方は『木六山』






『水無平』へ下りてきました。 7:21 『水無平』を抜け、尾根へ登ります 途中振り返る、『新緑&桜』



『水無平コース』にあった道標 尾根に乗ります 『焼峰?の神様』 
『ショウジョウバカマ』 なぜか『尾根道』は封鎖されていて トラバース道になります
雪のトラバースをだいぶ進みましたが危険・・・ よって『藪漕ぎ』で『尾根道』へ 結局なぜ厳重な封鎖なのか意味不明?



9:07
『木六山山頂』




木六山への登山ルートは、『チャレンジランド杉川』から、『グシノ峰』経由と『水無平』経由があります。
今回は『悪場峠』から、ショートカットで『水無平』へ出るルートを使いました。
公式?ルートではありませんが、けっこう使われているようです。


『折れた看板』
『銀次郎山まで2:30、銀太郎山まで3:30』

木六山から下ります 『イワウチワ街道』の始まりです






『御神楽岳』かな? 白いショウジョウバカマ発見 裏 『粟ヶ岳』


『白いイワウチワ』

ピークをいくつか越えていきます 花街道続く
越えてきたピークを振り返る 新緑にあと少し 七郎平山へ 11:09着



『七郎平山』から『銀次郎山』



左:二王子岳、右:飯豊連峰

『木六山』から続く尾根道は、いくつものピークを越えて行きます。
夏道は、『七郎平山』、『銀次郎山』、『銀太郎山』へと続きます。
その先は残雪期限定で、『五剣谷岳』、『青里岳』、『矢筈岳』まで行くことができるそうです。


昼食を済ませ戻ります 11:55
美しい 『イワウチワ』 にパチリ






やや危険
最後の登り
『木六山』 13:30



『日本平山』

『木六山』に戻ってきました。
それにしても手ごわいです、川内山塊・・・・

新緑に行くよ 『御神楽岳』 奥深い『川内山塊』 いつか行くよ 『銀次郎・銀太郎』


川内山塊に別れをつげて、下山にとりかかります。
登りでは、封鎖されていた尾根道を使います。なんの問題もありませんでした。
どうして封鎖をして、危険なトラバース道を通らすのでしょうか?

ここが、グシノ峰との分岐で尾根を下ります するとここに戻ります



『水無平』










キクザキイチゲ
山桜 キジムシロ
『カタクリ』 ビッシリ 帰還 15:23




山の春が始まっています。まもなく、ブナも芽吹いて来ると思います。
『木六山』、気にいりました。紅葉の時期にまた来ます。

ありがとう



2008年一覧へ

 シロート雅の
トレッキング日記