539m 剣龍峡 〜 焼山 Yakeyama 2010年5月8日(土)

『新緑に山桜』

今年の芽吹きは遅い?

いろいろな制約があり、お気楽で短時間の山はないか? 初めての山はないか?
あります、あります、探せばありますよ。







10:48 登山口 いきなり急登 登りきると
チゴユリ

五頭連峰には、たくさんの山が連なっています。
『金鉢山』、『松平山』、『五頭山』、『菱ヶ岳』、『宝珠山』のほかほかにも、『野須張』、『大蛇山』・・・・


11:10 『奥の院から』

五頭山塊の北の山は『金鉢山』です。
その麓にある『剣龍峡』から、新しい登山道が出来ています。



ムラサキヤシオかな 緑のトンネル 新緑




里山が一番輝くのは新緑の時期ですが、今年は遅いです。
2月の記録的な大雪と、3月、4月の低温、日照不足がかさなり、ようやく春らしくなったのはゴールデンウィークでした。
スミレ満開 清清しい登山道 山桜発見



時々展望が開けます。
新潟東港の火力発電所の煙突が確認できます。

11:48 スズメノ口展望台




広葉樹林は種類が多く、特定するのも難しく、なかなか名前を覚えられません。
ブナの立ち並ぶ林もいいですが、雑木林もそれはそれで、いろいろな緑色が重なり合い味わいがあります。
山桜があったり、秋でもないのに赤みがかった新芽があったり、かと思うと若竹色のような木があったりと見飽きることがありません。

山頂かな・・・
ミヤマカタバミ




ここは五頭連峰の北の端ですので、見えているのは櫛形山脈です。






『登り10分 ← 焼山』 階段 イワウチワ
ムラサキヤシオ 後方を振り返る まもなく、焼山


12:32 『焼山から金鉢山を望む』


剣龍峡から焼山まで1時間44分かかりました。
公開コースタイムはもう少し短いと思いますが、雅のペースですからこんなものです。


『山桜』

山頂からの『二王子岳』や『飯豊連峰』は、心引かれるものがあります。
残雪が美しい・・・・行きたい・・・・

それはそうなのですが、その手前の山肌には驚きました。
まるで『大峰山』からドンピシャの『欅平桜樹林』を見ているのではないかと・・・・・
(まだドンピシャで見たことはありませんが・・・)


13:33

名残り惜しいですが、満足感を抱きながら下山にかかります。



視界が開け見晴らしがいいところでは、パチリパチリ・・・・



14:31
無事下山しました。

剣龍峡から焼山まで登りましたが、登山道はその先まで続いています。
周遊するにはまだ、倍近くの時間がかかるようです。

紅葉から晩秋の時期に再挑戦したいと思います。


ありがとう、また来るよ


2010年一覧へ