931m
風倉山
2006年11月26日(日)


二つ峰の上に 『吊リ雲』

今日は、『晴れから曇り』の予報である。
@飯豊を見たい、A最近行った山は除外、B体力・気力とのバランスで『風倉山』とした。







胎内川ダムを渡ります 8:47 展望台の階段からスタート
240段あります 登りきるとまもなく電波等 下ります



山頂はトップの左のこぶです 胎内スキー場から進んできた道 先輩に追い越される






早いです 急登です だいぶ高度が上がりました






ブナと松が混在します 三本は繋がっています
飯豊が見えました
エブリ差岳、鉾立峰 アゴク峰、地神山 門内岳、雲のかかる北俣岳、二つ峰

逆光の影響もあるが、雲も出てきた。今日の目的の『飯豊』は見ることが出来た。
夕方の方が、ここからは綺麗に見えると思われるので、下山時を期待した。



右下から、登ってきました、ずっと尾根には松があります。

最後の急登




『吊り雲』 群?

天気予報では今日は下り坂とのこと、登り始めは快晴に近い。
しかし、だんだん雲が出てきた。

あれは・・・・、・・・・
円盤のような雲、それもいくつも・・・・
カッコイイ

しかし、雲はどんどん広がってしまった。

『北の峰』 から山頂、奥は 『二王子岳』 10:42 山頂着


山頂より飯豊連峰


超えてきた『北の峰』には、団体さん昼食中

左:『西の峰』、左奥:『櫛形山脈』、中右奥:『高坪山』、右:『北の峰』

山頂に着くと、『飯豊』の上空の雲が発達している、黒く大きくなってきた、ポツリ・・・
今日の予報は、夕方から雨マークだ、
11:00 撤退と決める


先輩も撤退、しかし早い早い






必死についていきましたが・・・・






下りてきたら、なんと反対に晴れてきた。どうして・・・・
黒い雲は、どんどん消えていった。
腹も減ってきたので、登山道脇のわずかなスペースで特性ラーメンを作った。







けっこう急なんです
13:05


『風倉山』は、けっこう急です、登りはいいですが下りは注意が必要です。
特に落葉で、木の根が見えない。
乾いていると思っていても滑ります。濡れていればもっとです。

しかし、山頂からは360度のパノラマが広がっています。
飯豊を見るには、午後のほうがいいでしょう。
次回は、遅い出発でいいのかも・・・・

またくるよ、ありがとう。
『飯豊の展望台:風倉山』

2006年一覧へ