2,696m  唐松岳  Karamatsu 2012年8月19日(日)

『白馬三山』


カフェテリア黒菱 標高1,500m

思い立ったが吉日。
突如アルプスに行きたくなり、北陸自動車道で糸魚川へ。
未踏の唐松岳を前夜拍日帰りで楽しみます。

唐松岳を目指すには標高773mの八方駅から八方ゴンドラリフト『アダム』に乗り、標高1,400mの兎平、
そしてリフトで黒菱平標高1,680mへ、さらにリフトで八方池山荘標高1,830m上がるルートがメインのようです。
がしかし・・・以前に八方池まで行ったときに、黒菱平から別リフトが降りているのを確認している。
調べたら、黒菱林道で標高1,500mまで登り、そこからリフトを使わずに五竜岳を日帰りする登山者が、結構いることがわかった。
黒菱林道終点から牧場を迂回して登るらしい・・・・

黒菱第3リフト 7:10 早くもガスが・・・ 黒菱平 標高1,680m
グラートクワットリフト 7:22 八方池山荘 標高1,830m → 登山道へ
 
マップ  

6時過ぎに出発しようと思ったら牧場は侵入禁止で、リフトに乗る以外に手がないことがわかった。
ゲートをすり抜けて、登っていったパーティが目に入ったが、リフトの始発が7:10なので、待って乗ることにした。
天気は快晴だし、絶景間違いないし、急ぐ必要のないと思った。



 

ウメバチソウ  タカネマツムシソウ  シモツケソウ
ハッポウアザミ?  途中から左の木道コースへ進んだ  



展望

しかし、凄い勢いでガスが上がってきてしまい、小蓮華山の頭しか見えない・・・・
夏のアルプスの宿命とはいえ、モチベーションがやや低下する。

ミヤマダイモンジソウ  カライトソウ  シナノオトギリ
シモツケソウ  7:55 第二ケルン 標高2,005m ハクサンシャジン




ミヤマアキノキリンソウ  タカネウツボグサ アマニュウ?


8:15 八方池

展望が得られないとなれば、花三昧を決め込み、撮っては進み、止まっては撮ることとした。
八方池までは観光客も上がってくるが、この先は普通?に登山者の世界になる。

 
第三ケルン   その先は、ガス・・・






 ミヤマアキノキリンソウ ミヤマコゴメグサ 
 
   下ノ樺  


 

 シナノオトギリ  ハクサンサイコ  

八方尾根は特殊な地質『蛇紋岩』の影響で、ダケカンバ林と高山植物の逆転現象が見うけられます。
八方池までは高山植物帯なのに、その先に下ノ樺、上ノ樺にはダケカンバ林があります。
 
ダケカンバ帯




イブキジャコウソウ  クルマユリ イワシモツケ 
 
 8:47  



マルバダケブキ と クジャクチョウ





カラマツソウ  ヤマホタルブクロ  ?
 
9:02   


 

ミヤマキンポウゲ エゾシオガマ  ヤマハハコ
 
 扇ノ雪渓  




イワカガミ  ウサギギク  チングルマ
 
 あれは・・・・  


不帰ノ剣

登るにつれてガスがどんどん湧いてしまい、展望がなくなっていました。
しかし、一瞬ご褒美が・・・・


9:37 丸山ケルン

 注意 タテヤマリンドウ


 注意  ヨツバシオガマ
唐松山荘裏 10:33 唐松岳



一年ぶりにアルプスの稜線に立ちました。
健脚者は、五竜岳とセットで日帰りしてしまいますが・・・・無理です。

   
   コマクサ  
トウヤクリンドウ 山頂へ  ゴゼンタチバナ




証拠写真  10:59  不帰ノ剣はガスの中 

今日は、軽量化を図っていますが・・・・ 疲れました。
山頂でランチを取りながら、ガスが切れるのを待ちましたが、とれませんでした。

11:39
下山にとりかかります。
 
ポツリ・・・  
チングルマ
八方池  
 13:57  オヤマソバ
 
 シロバナヤマホタルブクロ  
八方池山荘 グラートクワッドリフト 黒菱第三リフト

14:45 帰還
唐松山荘から帰路に着くと、大粒の雨が降りはじめました。
八方池あたりまで降りてくると、雲の切れ間から陽が射し始めました
夏のアルプスですから、天気はこんなもんでしょう。



ありがとう、唐松岳、また来るよ



2012年一覧へ     アルプスへ



撤退