1,909m 神奈山 Kanna 2010年10月7日

『紅葉スタート』

紅葉の進み具合に合わせて行く山を選択しています。
基本は標高ですが、地域によっても違いますし、旬な情報を入手することが重要です。
当然、メンバーの最小不幸ではなく、最大幸福を目指します。今日は全員未踏の山を選択しました。


『右:神奈山』』

純粋新潟県の百名山:『妙高山』の外輪山を目指します。

関温泉スキー場を登ります 眼下 ススキ帯


最終リフト 標高1,200m

関温泉駐車場に車ととめて、スキー場のリフト最上部まで登ります。
大ブナ林 ミネカエデ帯

関温泉から標高差1,000m余りを登ります。
整備はされており藪ぼうぼうまではいきませんが登山者は少なく、トラバース気味の所もあり初心者はモチベーションが下がりそうです。
山慣れした者には逆に楽しめそうです。


八方睨 標高1,660m

遅れているとはいえ、にここまで標高が上がれば、紅葉帯になります。


約3時間半で山頂到着

山頂での至福の時は止められません。
今年初めてのチーズフォンジュに特製ラーメンは好評でした。


登り始めは青空がほとんどだったのですが、山頂に着くころには妙高山はガスの中。



ベニテングタケ(猛毒)





登山者は我々だけでした。
妙高山、火打山はお隠れになりましたが、間違いなく絶景のはずです。

ありがとう、神奈山、また来るよ


2010年一覧へ


トップへ戻る