東北紅葉ツアー Tohoku Koyo  2015年10月14日(水)

岩木山


八甲田山

平成27年度のメインイベントとして企画をした 『一泊二日東北百名山三山ゲットツアー』。
初日の『八甲田山』は八合目で撤退となったが、紅葉黄葉ドンピシャだった。
今宵の宿、岩木山麓の岳温泉で温泉と料理を堪能しました。もちろん爆睡・・・超幸せ気分でした。





朝起きたら青空です。
津軽岩木スカイライン開通の8時に合わせて朝食を7時に早めてもらったのですが・・・

え・・・ 閉鎖

なんと、初冠雪した岩木山、スカイラインは閉鎖してしまいました。
電話で何度もいつ開くのか確認をしました。今日のスケジュールがかかっていますので・・・



近くの岩木山神社で時間を潰すというか、ここはここで堪能しました。

由 緒
(岩木山HPより転載))

昔から 「お岩木さま」 「お山」 と親しんで呼ばれ、 陸奥津軽の開拓の神、 農海産物の守護神、 また祖霊の座すところとして崇められている。
今から約一二〇〇余年前、 宝亀十一年 (七八〇年) 社殿を岩木山頂に創建したのが当社の起源であり、
延暦十九年 (八〇〇年) 征夷大将軍坂上田村麿これを再建し、 別に山麓十腰内の里に下おり居ゐの宮みやを建立して、
山頂を奥宮と称し、 寛治五年 (一〇九一年) 神宣により下居宮を現在地に奉遷。
その後、 世々の地頭・領主何れもがよく崇敬の赤誠をつくし、 江戸時代には津軽藩主為信・信牧・信義・信政により大造営が行なわれ、
近代には崇敬者の熱意を集めて、 建造物、 諸施設とも整い、 名実ともにその偉容を誇り、 畏き辺りも日本の北門鎮護の名社として、
農業・漁業・商工業・医薬・交通関係、 とりわけ開運福の神として、 色々の宗派を越え、 深い信仰の源として厚く崇敬されている。

いざ、楼門へ

 

楼門には坂上田村麻呂と、もうひとかた津軽○○?でしょうか。



中門




中門には、龍。


    拝殿    



奥宮は岩木山山頂にあります。



大分粘りましたが、スカイラインは開きませんでした。



今日新潟まで戻らなければなりません。後ろ髪を引かれつつ再訪を近い『八幡平』に向かいました。
東北自動車道 大鰐弘前IC 〜 鹿角八幡平ICから国道341号線を進み八幡平アスピーテラインへ進みます。

青空に期待 紅葉まっ盛りです 八幡平ビジターセンター

高速道では雷雨になったかと思うと陽が出たりと、天候不安定が続きます。とはいえ期待しています、青空&紅葉を・・・



絶景です、今までに見たことのない紅葉に遭遇しました。
その先には霧氷のような森は山頂のようです。


ふけの湯温泉



素晴らしいの一言ですが、この先は閉鎖となっており進めませんでした。
『八甲田山』『岩木山』に続き、『八幡平』にも登頂できない・・・

大沼




 
   

八幡平ビジターセンターまで戻り、遅い昼食を取り、帰路につきました。


新潟の紅葉は素晴らしいと思っていますし間違いありません・・・
がしかし、東北の紅葉を初めて見て感じました、奥が深い・・・新潟とは別物だ。




思わす記念撮影


特段、有名なポイントではないのですが、次々と絶景紅葉が続きます。参りました、完敗?です。





もうたまりません、次々と現れる紅葉にノックアウト状態です。





田沢湖



至上最高の紅葉三昧でした。
仲間に感謝しつつ再訪を誓い、帰路につきました。


2015年一覧へ

 シロート雅の
トレッキング日記