1,917.4m 飯綱山 Iizuna 2010年6月3日(木)

『天ノ岩戸』

『北信五岳』
『妙高山』、『戸隠山』、『黒姫山』、『斑尾山』それに『飯綱山』の五つの独立峰の総称です。
(妙高山だけ新潟県の山です)

『飯綱山』は神仏習合の神である『飯綱権現』で有名な古くからの山岳信仰の山です。
ミシュランガイドで三ツ星観光地に選ばれた『高尾山』の『薬王院』の主神はこの『飯綱権現』です。


『鏡池』

『戸隠中社』の近くの『ちびっこ忍者村』の奥から登ります。

8:28 白花エンレイソウ カラマツ(落葉松)



『カラマツ道』

カラマツはわが国唯一の落葉する針葉樹だそうです。
新潟県では余り見ませんが、長野県や福島県の山に出かけると気になる木でした。
針葉樹は落葉しないものだと思っていたのですが、晩秋のカラマツの紅葉に遭遇して?疑問に思っていました。







『木漏れ日』
9:05 昭和28年寄進 『萱ノ宮』


登山道は針葉樹と広葉樹の境界に付けられている?
歩いていて左:広葉樹、右:カラマツ林などと植生が違っていることに気づきました。

夏の始まり


右の山は?瑪瑙山?
ガレ注意 やや急になってきました ムラサキヤシオツツジ




標高がやや上がり潅木帯に入ってくると、新緑ドンピシャ帯です。

飯綱高原 石交じりでやや歩きにくい 後続者



『白馬大雪渓』

標高が上がり見晴らしが良くなりました。
北アルプスが思いのほか大きく(近く)見えたので山座特定を楽しみました。

『戸隠山 〜 高妻山』

今までの紅葉NO1の『高妻山』が尖っています。
雲が湧いてきている・・・・予報は所によりカミナリですが、大丈夫でしょう。







山頂かな? 石仏
南登山道合流(登ってきたのは西登山道)
八重咲きのヒメイチゲ?

鳥居と祠がありました、中は飯綱権現のようですが・・・・


振り返る

飯綱山は独立峰です、標高が上がるにつれて見晴らしはどんどん良くやります。


『善光寺方面』

飯綱山は戸隠山の正面ですので、最初は戸隠山〜西岳だけが見えています。
標高が上がると、雪を被った北アルプス』が思いのほか近くに見えます。

見晴らしが良さそうです 志賀方面の展望が開けます
『飯綱神社』
山頂はまだ先でした

10:49 山頂到着

2時間21分かかって山頂にやってきました。普通のペースだと思います、
平日なので、登山者は少ないのかなと思っていましたが、到着後山頂にはそこそこ登山者がやってきます。


『とどめの遠足隊』

静かだった山頂も、元気な子供達(小学5年生)に埋め尽くされました。
どうも就学旅行のようで、今晩は飯綱高原のホテルに泊まって枕投げの予定?だそうです。


『積乱雲』

長野市を中心とする盆地は、『善光寺平』と呼ばれています。
善光寺は日本最古の仏像?があり、ご開帳では『お前立ち』が公開されます。(本尊の阿弥陀三尊は絶対秘仏)
『飯綱権現』もそうですが、『天ノ岩戸伝説』や『鬼無里』などこの当たり一帯は歴史あるところが多いです。



山頂での至福の時間は、長めでした。
妙高山当たりは雲の中になり、黒い雲が迫ってきました。
たしかに天気予報は晴れなのですが大気が不安定で、『所によりカミナリ』です。
12:28 帰路へ カミナリが・・・・ 進むしかない




カミナリは雲の上で鳴っているとはいえ、隠れるところはありません。

急いで樹林帯へ
カラマツ巨木






傘を差して 雨上がり
13:57 帰還


ひょうたんから駒の飯綱山でしたが、満足です。

飯綱山、ありがとう、また来るよ。






『チャレンジ戸隠山』は未定です


2010年一覧へ


シロート雅の
トレッキング日記