2007年 6月30日(土)
飯豊連峰縦走
御西小屋 〜 飯豊本山 〜 本山小屋 〜 切合小屋 〜 三国小屋 〜 川入


『飯豊本山』


朝3時におきて食事を取り、4時17分に御西小屋を出発した。
雨はあがっているがガスで視界は悪い。風は強いが幸い追い風で進めた。
今日は『川入』に16時までに下る予定でいる。『山と高原地図』では10時間の行程である。

ガスの中出発 『ハクサンイチゲ』の群落を進む
『ヒナウスユキソウ』の群落 チングルマのようですが・・・ 『チングルマ』の群落
5:35 『飯豊本山』


御西小屋から飯豊本山までは、なだらかな稜線で『お花畑』です。
天気がよければ、雲上の別天地ですね。

今日は先を急ぎます、天候は回復傾向とはいえ、そこは山の天気です。局地的にはどうなるかわかりません。
なんとか『山と高原地図』の時間通りに下りたい・・・・
『御西岳山頂』らしきところと、『駒形山山頂』らしきところはガスの中を通過です。






『本山小屋』に到着 6:00 水場分岐 : やはり雪の下です
『ヒナウスユキソウ』 ガスで、やや道が分かりにくい
岩場注意 『御秘所』でした 明るくなってきました



『ウズラバハクサンチドリ』 オダマキ風ですが? 何でしょう? 『コバイケイソウ』
『大日岳』は、まだ雲の中 空身の二人とスライド 『雲海』輝く
昨日は、切合小屋に停滞したそうです。



7:22 『草履塚』 標高1908m





『ヨツバシオガマ』 発見 『アカモノ』が、『ゴゼンタチバナ』に囲まれて うまい水、発生地
『飯豊本山』が姿を現しました グッショ (good shot) 7:54 『切合小屋』 ザックが二つ在りました



『日本庭園 U』

『大日岳』も、もうちょっともうちょっと 『ヒメサユリ』は、満開でたくさんありました 3時間前にはあそこにいたんですが・・・・



8:31 う、アップダウン・・・・ 最後の登り


9:30 『三国小屋』 = 『三国岳』 標高1,644m

今日は10時間の行程です、ここまで5時間13分かかっていますが、『山と高原地図』では5時間10分です。
ちょうど行程の半分に達し、天候も回復、一安心です。
しかし標高では500mも下っていません、あと1,000m以上下ります。


『牛首山』でしょうか『大日岳』は最後まで姿見せませんでした・・・・残念

『地蔵小屋跡』へ向かいます 上は、青空 下は、ガス帯






『剣ヶ峰』






『ナナカマド』 『ヒメサユリ』 は満開 見ごろの 『コバイケイソウ』



『ヤマイワカガミ』 は白花です 『イワイチョウ』



この先『地蔵山』は右にトラバースし ほんとうに 『うまい水』 にありつきました 昼食 10:50






『マイズルソウ』 11:52 ガス帯通過



『長坂』は上・中・下十五里と長〜い下りです 下界が見えました ブナ巨木が多数あります






13:45 御沢小屋後には、巨大な杉が数本 ブナ、ミズナラの巨木もあります キャンプ場から30分 『川入』 14:24

予定通り、10時間で無事 『川入』につきました。
携帯電話が通じないため、民宿にお願いしてタクシーを呼んでもらいました。
山都から30分でタクシーが来て、また30分で山都駅につきます。約5,000円です。
うまいと評判のラーメンを食べて、電車時間まで待ちました。

自家製太麺の『ほがらか食堂』 うまかった
17時過ぎに乗車 水量が多く泥色です SLが停まるための雰囲気作り

新潟駅に19時半に着きました。
雅の家は新潟駅に近いので、すぐ車を取って、小国町に向かいました。
22時に、飯豊山荘駐車場に着き、解散。

記憶に残る、思い出深い、飯豊縦走になりました。

反省点もいくつかあります。
@装備の不備 (雨具を忘れました)
A天候悪化を想定してのエスケープや変更を想定していなかった・・・・・
ただし状況に応じた判断は行えたと思います。


『石転び沢大雪渓』は、やはり危険です。一定の確率で事故が起こると思います。
落石は、運が悪ければ避けようがないと思います。
『中ノ島』より上の雪渓が消えてからのほうが、少しは安全だと思います。
ただし、その場その場の状況に応じた判断は、いつの時期も必要だと思います。

残雪の飯豊は美しいです。
なにも危険な『石転び沢大雪渓』を通らなくても、他のルートもあります。
どうしてもこだわるのなら、もう少し落石が起こりにくく、上部の雪渓が消えてからがいいと思います。


雅一人ではとても行けない飯豊でした。同行者に感謝いたします。
ありがとうございました。


飯豊よありがとう、又来るよ。




初日 『石転び沢大雪渓』へ戻る 二日目 『花の稜線』へ戻る 三日目 『停滞』へ戻る


ポータル飯豊へ

2007年一覧へ      百名山へ