ひょうじゅん
氷筍
2008年2月17日(日)


『祈る』

2008年版会津のカレンダーに不思議な氷の柱が写っていた。
ぜひこの眼で見たい・・・・・

いろいろ調べていたら、友人から連絡がきました。
『ネットで発見したよ、座右の銘:酒と女は2合(号?)までおじさん(大関氏)がガイドしているよ・・・』





山都駅 路側帯に駐車 スタートから急登です 10:05






直登です・・・・ 見上げる・・・ けっこうな新雪が昨晩降った?



『深雪 & 急登』

今日は、大関氏にガイドをお願いしている。
山都町支所で9時半に待ち合わせ、車で藤巻集落の手前まで行きます。
山都町から『飯豊の湯』へ向かい、更に林道を進みます。

路側帯に車を止め、右側の急斜面を15分ほど登ると尾根に出ます。ここで一服です。






雪がけっこう深いです 急登をひたすら登ります
『大岩』 11:21






尾根に乗りました 11:30 しばし休憩&パチリ

天候は、時々陽がさしたり、吹雪になったりと、ころころ変わります。
『大岩』を過ぎるとまもなく、尾根に乗ります。


『雪庇 と 青空』


一時、青空が出ました。新雪が美しいです。

下りますが急です 黄色の氷柱発見
左側に大きな岩が出てきました 回り込んで ありました 11:44



『氷筍林』

約1時間40分でたどり着きました。
ほんとうに不思議です、にょきにょきと生えてきている感じです。



次へ


 シロート雅の
トレッキング日記