2006年7月28日(金)
穂高連峰
横尾 〜 涸沢 〜 北穂高岳 


北穂高岳山頂より

横尾山荘は、綺麗でお風呂もついており、スペースも充分あります。
上高地から3時間で、お昼からの出発でよく、足慣らしにもってこいです。
今日の天気は、梅雨明け&晴れを期待していたのですが曇りです、涸沢から北穂高岳を目指します。

横尾山荘 5:58出発 上高地11K、槍ヶ岳11Kの表示 横尾谷に向かいます



イチヤクソウ 本谷橋 (ホンダニバシ) 7:20 ズダヤクシュ



センシュガンビ 清流 ヤグルマソウ
ゴゼンタチバナ 屏風岩を左に巻いていきます キヌガサソウ
天候悪化、雨具着用 本谷出合 ついに雪渓出現 8:58


こんなに雪が残っています

一瞬ガスが切れた、常念岳? 左:涸沢ヒュッテへ向かいます 穂高連峰は、ガスの中






左:パノラマコースから奥穂、右:涸沢小屋から北穂 涸沢小屋は、すぐ左 10:36

今日は体力温存に心がけ、ストックを使いスローペースで来ました。
涸沢は予想以上の雪です。ずっと天候が悪かったため、テントは10張り程度です。
キャンパーは横尾のテント場で停滞していたようです。

事前情報で、雪の多いことはわかっていました。
涸沢ヒュッテで軽アイゼンとストックを貸し出していることも調べてありましたので
『公』の分を借りるためによりました、両方で1日1500円です。


アイゼンをつけないと危険です


キバナノコマノツメ ナナカマド (秋になると真っ赤になる) カラマツソウ
エゾシオガマ 急なガレ場が多くなりました クロユリ発見(初の出会い)
コバイケイソウ (咲いていたのはこれだけ) 『屏風の頭』が一瞬姿を現した タカネヤハズハハコ






ハクサンイチゲが一番多かった アオノツガザクラ シナノキンバイ


ナナカマド 涸沢の秋の主役







滑らないように・・・・ 二段梯子






ミヤマダイコンソウ ツガザクラ






ヨツバシオガマ イワツメクサ
涸沢岳分岐 山頂下の雪渓



慎重に通過します


北穂高岳山頂 14:34

外は暴風雨 槍見のテラス 二段ベット


登るにつれて、天候が悪化してきました。
テラスから、『大キレット越しの槍ヶ岳を見ながらビールを・・・』が目的の一つだった。
梅雨明けどころか・・・・・

明日からどうするか・・・・
@天候の回復を待ってのスタート、A回復しなければ停滞、B涸沢に撤退



三日目へ


初日上高地〜涸沢へ戻る

トップへ戻る