1,363m
蒜場山
2009年8月1日(土)

『尾根道』


越後の山を楽しむのは簡単です、それは気にいった山に季節を変えて訪れればいいことです。
真冬に訪れるのはたいへんですが、春、夏、秋の三回は大丈夫でしょう。


『焼峰山、蒜場山、俎倉山』


今日は『紅葉』、『残雪』に続いての『夏の蒜場山』を堪能します。

新発田市赤谷の奥の加治川治水ダムに向かいます。

交互通行のトンネル? 2+2 加治川治水ダムに車を停めます ダムを渡り振り替えると 『焼峰山』






6:51 登山口 『米平新道』の石標 最初は急登が続きます 見晴らしが開け、赤津山?

登山口で、登山届け(ノートに記入)を出します。先行者はいないようです、車も停まっていませんでした・・・
熊よけの鈴を出して、『ヤッホーヤッホー』で進みます。




今日の天気予報は『くもり後雨』ですが、赤谷は快晴に近い晴れです。
登山道は適度な湿気で涼しく、ちょうどいい感じです。







ハナビラタケ? 毒 テングタケ シロキクラゲ?
赤い21番札?





先週の『菱ヶ岳』の登り始めと同じで、『きのこ』がたくさんあります。
梅雨明けが遅れている(=雨が降り湿気が保たれる)のが、その理由でしょうか?







アワタケ系? 毒 コテングタケモドキ カワラタケ
登りが続きます

テングタケ科のきのこは、見た目がりっぱで美味しそうですが、ほとんどが毒きのこです。
その中で、『タマゴタケ』だけは美味しく食べられるそうです。



『ブナ巨木』

ありましたりっぱなブナが・・・幹周り3mくらいです。
山を登り始めたころには、興味がなかったブナですが、だんだん好きになってきました。
何故でしょう? 解りませんが『生き生きさ』を感ずるからでしょう。




『俎倉山』
杉混在 登山口の加治川治水ダム
7:56

独標からの見晴らしはほとんどありません。
『蒜場山の魅力』は尾根歩きと思っていますので、まだまだ先ですが、最近は 『森の中もいろいろあっていいなあ』 などと感じています。







再びブナ巨木



再びテングタケか、ガンタケ?



白いツボを破って出てます、タマゴテングタケ? 時々、尾根が細くなり見晴らしが広がります 食用 タマゴタケ? 自信がありません
尾根はこんな感じ もうすぐ 8:38 岩岳 930m
『棒掛山』が見えています 山頂にガスが掛かって来ました 鞍部に下ります

ダムから歩き始めて、この『岩岳』までで約半分です。
今日注意していることは、『熊との遭遇』です。以前、この『岩岳』で遭っています。
『岩岳』から右に『俎倉山』への廃道がありますが、熊はそこからやって来ました。先行者もいないので要注意です。


『烏帽子岩』







右、ブナ林 ツルタケ? 巨杉



杉道


『こっつん』

似ているキノコが多く特定するのが難しい、と 『よくわかるきのこ大図鑑』に書いてあります。
白色のツボを破って出てくるのは、テングタケ科のきのこの特徴のようです。


『新谷・三川方面』








烏帽子岩に近づきました



尾根に出、岩岳を振り返る



『鎖場』

6、7mくらいの鎖を登ると
9:52 『烏帽子岩』






下ります 鞍部はやや痩せ尾根 振り返る





『烏帽子岩』から先の尾根道か快適です。
ゆるやかに登りながら、小ピークをいくつも越えていきます。

オブジェ風



『本日のメインイベント』


尾根歩きになり、スローペースが加速しています。
しかし、山頂はガスの中です。







食用ニシキタケ?、毒ドクベニタケ? エゾアジサイ
ブナ林を登ります


『最後のトンネル』


ノリウツギ 小ピークをいくつか越えます
オトギリソウ 後方は青空ですが・・・ シラネセンキュウ?
 山伏峰 1,330m 山頂稜線を進みます


山頂稜線上の山伏峰(ヤマブシミネ)はガスの中です。
雨が降りそうなガスではありません、ときどき薄日が差したりしています。

山頂へ オトギリソウ






ジャコウソウ? クガイソウ 見えました



『山頂』

11:10に山頂に到着です、4時間20分かかりました。まあ、こんなものでしょうか?
飯豊の大展望を期待していたのですが、ちょっと残念です。

『大日岳』方面 『山伏峰』 登ってきた尾根


『飯豊はガスの中』

天気予報は夕方から『雨』ですので、これ以上の回復は望めないでしょう。
しかしガスは流れていますので、ゆっくり昼食をとり、待ちました。
しかし、ガスが大きく切れることはありませんでした。


12:00 下山 トリアシショウマ 山伏峰
ウツボグサ シモツケソウ クガイソウ



『岩岳まで続く一直線の稜線』


ビールノカッチ&棒掛山 ダムが見えています 川内山塊方面





痩せ尾根を登ります 12:58 『烏帽子岩』 山頂のガスがとれている・・・

天候は曇りです。
午前中は青空が広がっていましたが、山頂はガスでした。
下山とともに、山頂のガスはとれたようですが、空は一面雲が広がっています。

鎖場の下
コメツツジ? 『岩岳』へ戻ります ホツツジ
烏帽子岩を振り返る






ブナ大木
再び山頂は雲の中に 13:46 岩岳






テングタケ
ひたすら下ります
14:42 帰還


烏帽子岩を降りたあたりから、遠くでカミナリがなり始めました。
ヤバイ・・・・

急いで登山口にもどりました。

車に戻ったときには、本格的に降り始めました。

セーフ


今日は夏の蒜場山を堪能しました。

季節を変えて又来ます。

ありがとう





新緑&残雪の蒜場山へ 紅葉の蒜場山へ