1,012 M
白山
2007年 1月 21日(日)


飯豊連峰を望む

雅の休みとお天気が、ようやくマッチしました。
今日は、8時から16時までが自由時間のため 『越後白山』 を選択しました。

9時15分 スタート 三合目までは急登です。 快晴です、山頂からの絶景が望めるはずだ・・・ 気分が高揚してます  四合目 9:56
菅名山塊がきれいに見えました 尾根は雪がすくなく、スムーズです 飯豊が見えました
アイゼン、ワカンは必要なし はやくも気分最高 8合目 10:57



新潟平野には雪がありません



飯豊も小雪のようです



おっと、あれは『粟ヶ岳』 右後ろには『守門岳』も・・・
何度も白山に来ていますが、このアングルで粟と守門の両方が見えたのは初めてです。
感動

9合目 あと少しです 美しい造形





白山避難小屋の後ろには・・・


手を伸ばせば届きそうな 『粟ヶ岳』
足跡は、『のうさぎ』です。

11:20 山頂には 50人くらいで大賑わい

慈光寺に車を止めたときに、止められないくらいいっぱいでした。
今日は日曜日だし寺でなにかの会でもやっているのだろうと思っていました。
実は、みなさん登っていたんですね。


白山山頂より



団体さんなどの中を抜けて、静かな場所で今日の一時一瞬を楽しみたい、
ということで山頂を通り越し、田村線へ下るところまで来ました。

『川内山塊』



この木の前で、川内山塊を眺めながら『至福の時』を過ごしました。



風もなく温かく快晴、『青空と雪山の取り合わせ』は最高です。
これを狙っているのです冬は・・・・いつも

未踏の『御神楽岳』だろうか 『田村線』で下山開始 12:35 先行者多数あり、トレースする



7合目 『天狗の腰掛け』 13:08


順調にトレースを下ります 小高いピークを超えます 6合目 13:23
五合目で、左の尾根へ 13:35 あとは、慈光寺までまっすぐ 下ります
電波塔 14:00 見えました
14:18 下山


新潟の冬は、まれに今日のように移動性高気圧が通ることがあります。
これと雅の休みがかさなれば、冬山決行です。
今日は至上最高の白山となりました。

ありがとう




2006年1月18日の白山へ 2006年6月7日の白山へ


2007年一覧へ