越後白山 1,012m  Hakusan 2011年2月19日(土)

『白化粧』

2011年1月は新潟らしい天気が続いていたが、2月に入ると一転晴れる日が周期的に現れるようになった。
今日は出撃可能な日で、青空も望める。モチベーションもまずまずなので、越後白山を選択した。

 
 樹齢300〜500年の杉並木   古刹 『慈光寺』 1403年開山


野暮用を済ませ登山口についたのは10時前、土曜日なので『黄金の里会館』の駐車場には登山者の車が多い。
杉並木の参道を10分ほど進み、そのまま慈光寺を左に見送り、尾根コースへ進みました。

積雪多し  山頂方面 急登




一合目から三合目までは急登の尾根道です。
踏み固められた登山道は氷点下の気温と相まって、アイゼンがほしいくらいです。

登りきると三合目には大杉があります、尾根を進み始めるとブナの混じる雑木林帯になります。

尾根を進みます 谷合に霧氷 高度が上がるにつれ見晴がよくなります
 
 壺足で進んでいます  


下越地方の天気は、午前が曇りで午後から晴れの予報です。
山頂にかかっていたガスは取れ青空も出始め、白化粧をした木々が輝きを増してきました



5合目を過ぎたあたりから、左に雪庇が出始めます。
右は斜面に雑木が多く歩きにくい為、ついつい木々のないところを歩きたくなります。
ただ雪庇には注意が必要です、何年か前に死亡事故が起こっています。



↑のように解りやすいところは誰しも注意しますが・・・・・

乗り越えなくてはいけないところも・・・ 崩壊は始まっています  右の木々の中を通りましょう
  振り返る  逆光に霧氷が映えます  




越後白山は標高千メートルちょっとですが、雪が多いとラッセルになり、なかなか山頂まで辿りつけません。
ただ今日のように登山者が多いと踏み固められたトレースが出来、歩きやすくなります。

後方に大きな雲が・・・・   
下山者と多くすれ違いました   
 
12:36 山頂着   

2時間40分かかって登ってきました、想定どおりです。
この状況では、田村線を下山する方が多いと思っていたのに、尾根線を下山するかたと多くすれ違う?


    

    至福の時は小屋で過ごしました。

  13:22  田村線を下ります  
 
   積雪はかなりあります  





思ったより天候は回復してきませんが田村線は見えていますし、トレースもあり問題ありません。

   
 昨日は吹雪?  



14:09 『記念写真』

積雪はかなりありますが、トレースを進むぶんにおいては、ワカンは必要ありませんでした。
田村線の魅力はブナ林です、山頂から暗部まで下ると『天狗の腰かけ』と呼ばれる大きなブナの木があります。

   緩やかな登り返しを進みます  



『天候回復傾向』

 
14:52 五合目  植生がかわります

何度か田村線を下っていますが、注意していることがあります。
尾根伝いに下って一山越し、なだらかになり杉林になったら、そこが五合目の分岐です。

ところがトレースは直進しています。冬限定のコースがあるのか縦走をしているのか・・・・
慈光寺へのトレースは一人?それも下山ではありません、登ってきています。

トレース   下るのがもったいない・・・
 
 15:22  






 鉄塔  
 
   無事下山  

16時過ぎに駐車場に戻りました。
かなりの方が登っていたのですが、田村線を下ったのは雅一人でした。
不思議です。

今年は雪が多く、最後の冬山を満喫した感じです。
天気が崩れる心配がないときの雪山はほんとうに楽しいです。
ただ白山はちょうど今日が、冬と春の境目のような気がします。これからは雪解けによる落とし穴注意です。

今日は条件に恵まれて全山ツボ足で歩いてくることができました。


ありがとう、白山、また来るよ。



シロート雅の
トレッキング日記