白馬岳 2,932m 2001年8月1日(水)


雲上の立山・剱岳、猫又・毛勝山


トレッキングをはじめるときに、最初に目標にしたのが『白馬岳』でした。
雅にとっては、かなり高いハードルだと思えるのだが、多くの人が登っていることを考えると、登らないわけにはいかない。
とはいえ体力に不安があり、里山を登り体力増強につとめたのだ、最終チェックの『粟ヶ岳』は惨敗・・・・

初アルプスは一泊二日のバスツアー、一人29,800円はリーズナブルに思え、申し込みをしました。


猿倉 10:37

新潟駅を6:00に出発し、途中休憩をしながら白馬岳の登山口となる『猿倉』に入った。



いよいよです

初めてのアルプスですので期待と不安に、高揚しています。
団体行動に遅れてはいけない・・・・、スローペースに安心・・・


あれは、『小蓮華山』だ・・・

12時過ぎに『白馬尻小屋』に着き、そばとおにぎりの昼食タイムとなった。
大雪渓が見えており期待が高まります。


いよいよ大雪渓、初アイゼン装着 12:48

アイゼンを初めてつける方も多く時間がかかります。(雅も初です)
ガイドは親切に説明していますが、参加者も問題だと思います。やはり装着ぐらいは事前準備で会得しておくべきです。

前が見えない・・・

進むに連れて霧?が立ち込め視界は良くないのだが、これが普通なのか、特別なのかも分かりません。


大雪渓から、夏道に乗る 15:08

そもそも、白馬岳を選んだ理由は、高山植物の宝庫だからです。
日本三大雪渓についてはよく調べてなく、ただただ前の人に付いて行きました。
物凄く時間がたったように感じていましたが、2時間20分で大雪渓を通過しました。

雪渓から右の稜線に上がると、そこかrは期待していた以上のお花畑が続きました。

『タカネセンブリ』

山のようにある高山植物の全てをデジカメに収めたいのですが・・・・
団体行動です、かってに遅れるわけにはいきません。

チシマギキョウ オタカラコウ タカネシオガマ
タテヤマ?ミヤマ?リンドウ ハクサンイチゲ タカネバラ



次々に高山植物が現れます。進んではパチリ、止まってはりパチリ・・・・

ミヤマアケボノソウ リンネソウ タカネナデシコ
ミヤマキンバイ ゴゼンタチバナ ミヤマダイモンジソウ


『イブキジャコウソウ』

見る花、見る花、初めての花だ・・・・
こんなに種類が多いとは思っていなかった、できるだけカメラに収めようとしましたが、あまりにも多すぎる・・・・

シロウマウスユキソウ ハクサンフウロ ウサギギク
イワオウギ ウメバチソウ イワツメクサ






チングルマ

タカネツメクサ ムカゴトラノオ? ミヤマアケボノソウ
ミヤマアズマギク クロトウヒレン シナノオトギリ
エゾシオガマ


ある程度は撮影できましたが、上手く撮れなかったものや、撮影タイムをとれなかったものもありました。



『クルマユリ』



杓子岳が美しい 16:28


『白馬山荘』 17:30着

今夜のお宿に近ずくと、ヘリが飛んできました。何?
白馬山荘は1,000人以上が泊まれる巨大山荘です。毎日の荷揚げが欠かせないでしょう。

旭岳に沈む夕日

杓子岳 ・ 白馬鑓ヶ岳
19:07 日没
(白馬山荘より)



初日にして、アルプスの絶景、高山植物、雲海に夕日とゲット。
夕日をみながらの、ビールがうまかったこと。


明日も晴れてほしい、ご来光も見たい・・・・



8月2日へ